女優の戸田恵梨香が29日放送のNHK『第19回わが心の大阪メロディー』に生出演。自身が主演する朝の連続テレビ小説『スカーレット』でSuperflyが歌う主題歌「フレア」の映像を鑑賞し、感動の声を寄せた。

【写真】スカーレットラッピング列車を前に記念撮影をおこなう戸田恵梨香

 大阪発の音楽特番として19回目を迎えた同番組。この日の放送では、連続テレビ小説『スカーレット』を特集し、ヒロイン喜美子役・戸田恵梨香や、喜美子の初恋の医学生・酒田圭介を演じる溝端淳平ら出演者も登場した。

 Superflyが「フレア」をテレビ披露するのは今回が初めて。VTR出演したSuperflyの越智志帆は、主人公が様々なことを経験していく中で「自分自身に『負けるもんか』っていう風に言いそうだなと」などと話し、主人公を応援する気持ちで歌詞を書き上げたことを紹介。

 戸田はこの楽曲「フレア」が「私にとってなくてはならない曲」と言い、「本当に元気と勇気と、毎日のパワーをもらっています」と励まされている心境を語った。

 ボーイッシュなヘアスタイルと赤色をベースにした衣装姿でステージに立った越智。独特の伸びやかかつパワフルな歌声を披露し、番組では歌唱の合間に「スカーレット」の映像も流した。

 この歌唱映像を鑑賞した戸田は、満面の笑みを見せながら目頭にはうっすらと涙が浮かんだ。

 戸田は「感動しましたね。なんかもう、半年くらいしかまだ経ってないんですけど、あの映像と志帆さんの歌っている姿、表情と、今まで積み重ねてきた皆さんとの思いが、色んなものが込み上がってきて、この作品に携われて本当に良かったなって心の底からうれしく、幸せになりました」と感慨深そうに話していた。

記事タグ