「AI崩壊」ポスター(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

 大沢たかおが主演を務める映画『AI 崩壊』(2020年1月31日公開、入江悠監督)の最新予告とポスターがこのほど解禁となった。また、主題歌はAI描き下ろし楽曲「僕らを待つ場所」に決定。AIは「この曲を歌う時に感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。今までで一番泣いたかも」と振り返っている。

 入江悠氏が監督・脚本を務め、完全オリジナル作品として挑むサスペンス超大作。ベールに包まれていた「AI 崩壊」の予告映像がついに解禁された。舞台は10年後の日本。天才科学者の桐生浩介が、亡き妻・望の為に開発した医療AI『のぞみ』は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など国民の個人データを完全に掌握し、全国民の個人情報・健康を管理しており、日本にとって欠かせない存在となっていた。そんな中、突如、AI『のぞみ』が暴走を開始。AIが生きる価値の無い人間を選別して殺戮を開始するという未曽有の事態が発生する。日本中がパニックに陥る中、AI を暴走させたテロリストの容疑者と断定されたのは『のぞみ』を開発者した張本人…桐生だった。天才科学者から一転、容疑者となった桐生の決死の逃亡劇が始まっていく。

 警察が誇るAI 監視システムを駆使して逃亡者となった桐生を追い詰めていく、警察庁の天才捜査官・桜庭誠。桐生の義弟で、AI『のぞみ』を管理する企業の代表としてAI 暴走の収拾に奔走する西村悟。類まれな刑事の勘で事件の真相に迫っていくベテラン刑事の合田京一と警視庁捜査一課の奥瀬久美の凸凹コンビなど、個性豊かな登場人物たちが逃亡者となった桐生とどのように関わっていくのかにも目が離せない。そして、桐生と亡き妻との“失われた過去”にはどのような秘密が隠されているのか?それぞれの想いが交差する中で、日本中をパニックへと陥れたAI 暴走の真相へと近づいていく姿をスピード感あふれる映像とサスペンスフルな展開で描いていく。なぜ、人を助けるために開発されたAI 暴走したのか。止まらない崩壊は、観る者の予想を遥かに超える衝撃の結末へと向かう。

 本作の主題歌には、2019年11月でデビュー20周年イヤーを迎えるAI(アイ)の新曲「僕らを待つ場所」が決まった。最新予告で楽曲も合わせて披露された。本作品の企画・プロデューサーの北島直明はAI(アイ)への楽曲オファーについて「『AI』がテーマの映画だからAI(アイ)さんにオファーしたわけではありません。(笑)本作は【AI VS 人間】という映画ではなく、人間はAI を扱えるほどに成熟しているのだろうか? という、【AI を取り扱う人間】を描いた作品です。ソウルフルなシンガー、AI(アイ)さんが持つ人間のエネルギーこそが、この映画のテーマです。『AI』が突きつける大きな問題提起をきちんと受け止めてくれる、AI(アイ)さんの愛溢れる力強い歌声が絶対に必要でした」と語る。

 いち早く主題歌を聞いた主演の大沢たかおは「この映画の主人公が、家族を思う気持ちはもちろん、生きていく中で、家族や、恋人、友人など…人と人とのすべての繋がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました。優しくも力強さのあるAI(アイ)さんの人間味溢れる歌声と、人の温もりを感じるようなメロディー、歌詞にもぜひ注目してください。『AI 崩壊』という映画が、最後になにを伝えたいのか…主題歌も含め、映画を楽しんでいただけると思います」とAI(アイ)の楽曲に込められた深い愛と尊敬を感じたこと、さらに本作『AI 崩壊』が最後に伝えたいメッセージが主題歌に込められていることを明かした。

 AI(アイ)はこの曲を歌う時に「今まで一番泣いたかもw」と語り、なかなかレコーディングが進まなかったそう。楽曲「僕らを待つ場所」について「今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかった」と心境を語る一方で、「AI 崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いました」と自らの名前と同じ映画タイトルの主題歌を担当することに笑みを浮かべる。

 2020年を代表する1本と呼び声の高い本作。入江監督が徹底したリサーチをもとに完全オリジナルで作り上げたサスペンス超大作に、大沢たかおをはじめとした超豪華キャストが集結。桐生の義理の弟で桐生が開発したAIを管理する企業の代表をしている西村悟役の賀来賢人、警察庁のエースで若き天才捜査官の桜庭誠役の岩田剛典、警視庁捜査一課の刑事奥瀬久未役の広瀬アリス、桐生の亡き妻でAIの共同研究者である桐生望役の松嶋菜々子、所轄のベテラン刑事の合田京一役の三浦友和の他、高嶋政宏(※高は正式にははしごだか)、芦名星、玉城ティナ、余 貴美子といった超豪華俳優陣だ。入江悠監督が手掛けた2017 年上半期最大のヒットを記録した『22 年目の告白-私が殺人犯ですー』を超える怒涛の展開で観るものを圧倒する“絶対に観るべき1 本”がついに完成した。サスペンス超大作『AI 崩壊』は2020年1月31日より全国公開。

AI(アイ)コメント

 『僕らを待つ場所』は今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかったので映画がAI 崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いましたがっw

 この曲を歌う時に感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。
今までで一番泣いたかもw

 どんな人でも生まれたところがあって大事な場所があって大事な人がいたり、、でも時にそれを忘れてたり、離れ離れになったり、悩んでたり、、皆さんに是非映画観て聴いてもらいたいです。いい曲です!!!

大沢たかおコメント

 本作品のために書かれた主題歌『僕らを待つ場所』は、この映画の主人公が、家族を思う気持ちはもちろん、生きていく中で、家族や、恋人、友人など、、、人と人とのすべての繋がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました。優しくも力強さのあるAI(アイ)さんの人間味溢れる歌声と、人の温もりを感じるようなメロディー、歌詞にもぜひ注目してください。

 『AI 崩壊』という映画が、最後になにを伝えたいのか、、、主題歌も含め、映画を楽しんでいただけると思います。

企画・プロデューサー北島直明 コメント

 『AI』がテーマの映画だからAI(アイ)さんにオファーしたわけではありません(笑)本作は【AI VS 人間】という映画ではなく、人間はAI を扱えるほどに成熟しているのだろうか?という、【AI を取り扱う人間】を描いた作品です。

 ソウルフルなシンガー、AI(アイ)さんが持つ人間のエネルギーこそが、この映画のテーマです。『AI』が突きつける大きな問題提起をきちんと受け止めてくれる、AI(アイ)さんの愛溢れる力強い歌声が絶対に必要でした。

記事タグ