プリュアに変身した子供たちと撮影に応じた成瀬瑛美と小原好美

 成瀬瑛美と小原好美が23日、都内でおこなわれた『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』公開記念イベント『☆映画スタプリ公開記念!おめかし☆ハロウィンイベント』に出席した。

 劇中でキュアスターの声を担当する成瀬瑛美、キュアミルキーの声を担当する小原好美はこの日、“キラやばー☆”ドレスで登場。ハロウィーンが近いことから、おばけに扮した子どもたちが登壇。ミラクルライトの力でプリキュアの姿に変身するという“可愛すぎるイタズラ”を2人に仕掛けた。そんな子供たちの姿を見て成瀬と小原は「可愛い!」と表情を緩めた。

おばけの姿からプリュアに変身する子供たち

おばけの姿からプリュアに変身する子供たち

 「スター☆トゥインクルプリキュア」初の単体映画となる本作は、プリキュアのもとに突然現れた不思議な生き物のユーマと“うた”を通じて絆を紡いでいく、切なくも心温まる物語。プリキュアシリーズは2004年のテレビ放送開始し以来、「困難にぶつかっても諦めずにひたむきに頑張る少女たちの物語」を紡いできた。

 そんな憧れでもある2人に、子供たちから質問が寄せられた。「なんでプリキュアは強いの?」という問い成瀬は「守るものがあるから強いんだよ。宇宙の平和を守るよ」と優しく答えれば、「なんでそんなに可愛いんですか?」という質問には「女の子はみんな可愛いよ!」と笑顔。一方の小原は、プリキュアの姿になった子供たちを見て「みんなもプリキュアになっているから可愛いルン!」とキュアミルキーの口調で語りかけた。

 また、「戦うのは怖くないですか?」という問いに成瀬は「なかには強い敵もいるよ。でもみんなのおかげで強くなれる」と話せば、小原は「正直に言うと戦う時に怖いと思うこともある。今回の映画も怖い敵が出てくるけど、劇場でみんながミラクルライトで応援してくれるから大丈夫ルン!」と答えた。

 子供たちが降壇してからの2人でのトークセッションでは、小原が成瀬と公開初日の夜に劇場で観覧したことを明かした。「ほぼ満席で大人の方も多かったけど、みなさん映画を観てくださって。『星を描くフワ』と言ってくれるけど子供たちが一生懸命に振ってくれる姿を見て嬉しいと思いました」、成瀬も「胸がキュンとなる素敵な感想をもらいました」と語った。

キュアミルキーと小原好美、キュアスターと成瀬瑛美

キュアミルキーと小原好美、キュアスターと成瀬瑛美

 この日会場にいた観客はすでに本作を見終えているが、もう1回観たいとの声が上がった。改めて観覧したときに注目してほしいポイントとして成瀬は「一度見てお歌も知ってくれたと思うので、心のなかで歌ってくれたら嬉しい」、小原は「ユーマがどういったキャラクターなのか気になっていたと思うけど、すごく可愛くて。それと世界中を冒険するシーンもあるので、みんなで冒険する気持ちで見てほしい。大人の方には子どもが楽しんでいる姿を見られることに加えて、物語そのものは親目線でも見られると思います。いろんな視点で見て頂き楽しんでほしい」とも述べた。

 改めて小原は「初めての試みもありました。純粋に観て楽しんでほしいしと思います。歌もたくさん聴いてほしい。プリキュアの歌もそうですが、子どもたちが成長していくなかで、本を読んで歌を歌って、プリキュアととももに成長しながら素敵な大人になってほしい」と子供たちへの願いを明かした。

 成瀬は「心から映画を楽しんでくれて本当に楽しい。(子どもたちが)ハロウィーンの姿を見せてくれて幸せな気持ち。いつも画面の向こうのみんなはどんなふうにワクワクして見てくれるんだろうと想像しながら演じています。小さい子も大きな子も、すべての人類、わんちゃんもにゃんにゃんも楽しめる大傑作。プリュアシリーズは大好きけど、とくに今作は大好き。大人になった時もキュンと思い出せる作品になっていると思います」と語った。

記事タグ