シンガーソングライターのchayが11月13日、『chayTEA』以来2年5カ月ぶりのフルアルバムとなる3rdアルバム『Lavender』を発売。本作は「新境地に挑戦した」という楽曲「砂漠の花」そして「伝えたいこと」など、新たなchayのカラーを含みつつもchayらしさが広がる色彩豊かな全14曲。“Lavende”というタイトルには“アイデンティティ・クライシス”というテーマが含まれているという。chay等身大の“いま伝えたいこと”が一枚になったという今作について、あらゆる角度から語ってもらった。【取材=平吉賢治/撮影=冨田味我】

“アイデンティティ・クライシス”というテーマ

chay

――2年5カ月ぶりのアルバムが仕上がった心境はいかがでしょうか?

 1stも2ndもそうだったんですけど、バラエティ豊かな楽曲が揃っているのがchayらしさなのかなと思っています。今作『Lavender』というタイトルをつける前にシングルカットした曲や、2年5カ月の間にしたためていた曲、出来たてホヤホヤの曲を最終的に並べてみたときに、唯一の共通点を見つけたんです。

――その共通点とは、今作のテーマしょうか?

 今作は27歳から29歳を経たアルバムになるんです。女性ならではかもしれませんけど、20代後半の漠然とした焦り不安、迷い、「自分はこのままで良いのだろうか?」「自分は何者なのだろうか?」という、いわゆるアイデンティティ・クライシスがあると言われているんです。正にそういうことが全部テーマになった楽曲だったんです。それは意図したことではなかったんですけど、自分が書きたいことが後からわかったんです。でも、“アイデンティティ・クライシス”というちょっとシリアスな言葉をタイトルにするのはchayっぽくないなと思いまして。

――確かにchayさんは明るいイメージがあります。

 そういうテーマなんだけど、それをchayなりの表現で言える言葉は何だろうと探したら、ラベンダーの花言葉が“繊細”、“疑い”、“期待”、“沈黙”、“許し合う愛”なんですけど、それがいまの自分の気持ちとリンクしたんです。紫色も気品があって好きな色ですし、それで『Lavender』というタイトルにしました。

――とてもコンセプチュアルな作品なのですね。

 今までコンセプチュアルにアルバムを作らないタイプだったんですけど、「ジャンルにとらわれない様々な楽曲が揃っている」ということを、前向きに「chayらしさのポイント」と思うようになってからは、そういったことも含めて自分なんだと思えるようになりました。だから今作はジャンルとしてはバラエティに富んでいますけど、初めてコンセプチュアルに作れた一枚だと思います。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。