ロックバンドの赤い公園が10月23日、新体制第1弾EP『消えない - EP』をリリース。本作は、2017年8月に結成時からボーカルを務めていた佐藤千明が脱退し、2018年5月に石野理子を新ボーカルに迎え入れた体制となってから初の音源となる。4人に話を聞くと、「ボーカルが入れ替わった」という感覚ではなく、バンドはいままで思いつかなかったことを進め、自然発生的に出てくるものを楽しんでいるという。これまでの“赤い公園らしさ”が含まれた楽曲から新境地となる楽曲もプラスされた本作。現在の赤い公園のサウンド面、心境面にどのような変化があったのか、『消えない - EP』の1曲1曲にフォーカスしながら深く迫った。【取材=平吉賢治】

新ボーカルとしての心境「めちゃくちゃホワイト」

『消えない - EP』ジャケ写

――今作はボーカルが変わっての新体制第1弾EPですね。ボーカルが替わるということは相当大きな出来事だと思いますが。

歌川菜穂 一大事件ですよね。

藤本ひかり まわりから「外タレ?」って言われた(笑)。

津野米咲 海外のバンドなどではけっこうありますからね。TOTOとか。

――確かにこっちでは比較的珍しいです。石野さんは加入してどんな心境でしょう?

石野理子 凄く居心地が良いです。

津野米咲 ウチはホワイト企業だからね。

石野理子 めちゃくちゃホワイトです! 嫌なことが一切ないです。

――アイドルとしての活動からバンドのボーカルに転身というのはかなり大きな変化かと。

石野理子 まわりの環境の変化に合わせて意識も変化していったという感じです。ちょっとずつ変わっていきました。

津野米咲 せっかく入ってきたから、自然発生的に出てくるものを楽しみたくて。それは理子に対してだけではなく、赤い公園全員思っています。「こういうバンドだ」と、限定せずにやっていっているので、私たちも理子みたいに少しずつ色んなことをやっていってます。

――ガラッとコンセプトを変える、ということはなかったのですね。

藤本ひかり 「ボーカルが変わった」というくらいなんです。

津野米咲 一瞬、3人でやっているときもあったから「ボーカルが入れ替わった」という感覚がないんです。

歌川菜穂 全然ないよね。

津野米咲 まわりからしたら、ボーカルが入れ替わったという感じだと思うんですけど、人知れず数回ライブをやっていたので。

歌川菜穂 それを経てだから、ボーカルという存在がいてくれて私達がそれぞれの楽器ができることをただ噛み締めている感じです。

――新体制となって出演した『VIVA LA ROCK』の感触はいかがでしたか?

石野理子 2018年の『VIVA LA ROCK』の反応は、お客さん的には驚きがあったと思います。

藤本ひかり そもそもライブのときまで理子が入ると伝えていなかったんです。ドキドキだったよね?

石野理子 色んな情報が一気にお客さんに伝わったので驚いたと思います。今年ライブに出させて頂いた時は、1年経ってツアーを終えた後くらいだったので自信もつきました。去年は3人と1人という感じで見えていたかもしれないですけど、ちゃんとまとまった感じで見せることができたんじゃないかなと思っています。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。