ミュージシャンのt-Aceが21日、台風19号で被災した茨城県水戸市への復興支援として、見舞金300万円を寄附した。

 各地に記録的な大雨や浸水被害などをもたらした台風19号により、茨城県水戸市は、市内を流れる那珂川が氾濫、浸水などの被害を受けた。

 この日、茨城県水戸市役所を訪れ、高橋靖市長に見舞金を手渡したt-Aceは「一刻も早く被災した水戸の皆様に届くよう市長に直接お届けに来ました」と述べ、被災地の早期復興を願った。

高橋市長とt-Ace

 t-Aceは水戸市で育ち、2011年から水戸大使を務めている。若者を中心に人気を集め、安室奈美恵さんが引退後初のフィーチャリングを許可したアーティストとしても話題になっている。

記事タグ