東洋と西洋のシナジーを引き上げることのできる新しいグループ・SuperM(スーパーエム)が、初のリリース作となったミニアルバム『SuperM』がアメリカのビルボードチャート「Billboard 200」と「Artist 100」を含む8のチャートで1位を記録した。

SuperM

 K-POPカルチャー創生の立役者であり、今なおメインストリームにいるSM ENTERTAINMENTが、テミン(SHINee)、ベクヒョンとカイ(EXO)、テヨンとマーク(NCT 127)ルーカスとテン(WayV)という7人の精鋭メンバーを選出。「東洋と西洋のシナジーを引き上げることのできる新しいグループ」として、最強グループSuperM(スーパーエム)

 彼らの初のリリース作となったミニアルバム、「SuperM」がアメリカのビルボードチャート「Billboard 200」と「Artist 100」を含む8のチャートで1位を記録した。

 SuperMはビルボードのメインチャートである「Billboard 200」と「artist 100」を始め、「Top Album Sales」「Digital Album」「World Album」「Top Current Album」「Internet Album」「World Digital Song Sales」の合計8つのチャートに1位を記録する成果を出した。

 特に「Billboard 200」でアジアのアーティストがデビューアルバムで1位を記録したのはSuperMが初めてであり、デビューと同時に大きな人気とインパクトを見せつけた。そしてCD売り上げ、ラジオ放送、ストリーミング及びSNSを通じたファンとのコミュニケーションなどを基準で毎週一番人気のあるアーティストをランキングする「Artist 100」チャートにも1位を記録してグローバルな人気を証明した。

 ビルボードは公式サイトを通じて「SyuperMが初のミニアルバムでBillboard 200アルバムチャートで1位を獲得」というタイトルで報道するとともに、『SueprMはビルボード「Artist 100」チャートにもランクインし、「アメリカ最高のミュージックグループである」というタイトルを獲得した』と報道した。

 10月4日に全世界へ公開されたSuperMの初のミニアルバム「SuperM」はタイトル曲「Jopping」の他「I Can't Stand The Rain」「2 Fast」「Super Car」「No Manners」など多彩な色の5曲が収録されている。

 世界の注目を集めるSuperMのメンバーだが、日本国内でも精力的に活動しており、NCT 127は12月より「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’」にて全国アリーナツアー予定。またEXOが日本オリジナルデジタルシングル「BIRD」を10月10日にリリースしている。

ツアー情報

『NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPANーThe Origin’』

■ツアースケジュール

2019年12月18日(水)[大阪]大阪城ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

2019年12月19日(木)[大阪]大阪城ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

2020年1月4日(土)[福岡]マリンメッセ福岡
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年1月5日(日)[福岡]マリンメッセ福岡
OPEN 15:00 / START 16:00

2020年1月18日(土)[新潟]朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年2月22日(土)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 16:00 / START 17:00

2020年2月23日(日)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 15:00 / START 16:00

2020年2月24日(祝・月)[東京]武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
OPEN 15:00 / START 16:00

※開場/開演時間は変更となる場合がございます。
※出演メンバーは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。
※3歳以上有料、3歳未満入場不可

■チケット料金
全席指定10500円(税込)

■枚数制限
各公演お一人様4枚まで

お申込み・詳細はこちら
https://nct-jp.net/live/tour.php?id=1001443

記事タグ