Juice=Juiceの宮本佳林によるソロツアー『宮本佳林 LIVE TOUR ~Karing ~』が17日、東京・ Zepp Tokyoで幕を開けた。ツアーは東名阪3公演にわたるZeppツアー。宮本にとっても初の試み。初日のこの日は満員となり、ブドウ色のペンライトが一面に輝く中でアンコールまで全21曲が披露された。

 「今日は私のライブに来てくれてありがとうございます! 最後まで盛り上がっていきましょう!」

 得意の煽りを織り交ぜて会場を湧かせつつ、生バンドとダンサーをバックに Juice=Juice 曲をソロで歌い上げる。それだけでも新鮮なステージだが、この日のセットリストは Juice=Juice 曲だけでなく、NEXT YOU や演劇女子部での楽曲、コピンク曲 など、 宮本佳林のこれまでの道のりを辿ることができる様々な楽曲が網羅されていた。

 ライブ中の VTR では“小さい頃から歌うことと踊ることが大好きだった”と紹介され、見ている側との距離感もぐっと近くなる。

宮本佳林

宮本佳林

 楽曲によってはキュートなステップとともに眩い 笑みをこぼし、またある時は曲にあわせて切ない表情でこちらを見つめたりと、宮本の歌唱力・表現の巧みさは観客を飽きさせることがない。 MC で「手が震える震える。人がいっぱい!」と語りつつ、彼女は「緊張はしてないんですよ。してなさすぎて怖いというか」とステージの空気を自ら楽しんでいっているようにも見えた。

 また、「このツアーのために、なんと書き下ろしていただいた曲があるんです」と告げると会場からは期待のどよめきがあがった。この日披露された 全 7 曲 のソロ新曲のうち、「どうして僕らにはやる気がないのか」は彼女の凛とした魅力と芯の強さを感じさせるロックナンバーだ。ソロ新曲はいずれも異なる角度から宮本佳林の魅力を引き出した内容となっている。

 後半ブロックではJuice=Juice の盛り上げナンバー「CHOICE&CHANCE 」などで会場のボルテージを上げつつ、 6 曲をノンストップで披露。歓声と注目を一身に引き受け、熱狂のなかで本編を締めくくった。

 アンコールでは「Juice=Juice 曲って、一人で歌うと歌いづらいんですよ。何人も入れ替わって歌うところを一人でやるから息がギリギリになるし、他のメンバーが歌ってるところはモノマネしちゃいそうになるんです」と舞台裏を明かすと、関係者席に応援で駆けつけていた Juice=Juice メンバー達を観客たちが一斉に讃え「そっち見ない~!」と苦笑しながらたしなめていた。

宮本佳林

宮本佳林

 また、ここでソロ新曲の中から「どうして僕らにはやる気がないのか」が10 月 18 日より配信シングルとしてリリースされることも発表され、宮本から「これからももっと もっと成長していきたいので、見守っていただきたいと思います。応援よろしくお願いいたします!」という正々堂々とした意気込み表明に期待がかかる形でこの日の公演は終演となった。

 ツアーは今後、10月月23日に大阪・Zepp Namba、翌24日に愛知・Zepp Nagoyaでの開催が予定されている。

 また、Juice=Juice は 10 月 23 日に 「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? 」 ニュー・ヴォーカル・ヴァ ージョン を 追加 収録 し た シングル を リリース。現在開催中の全国コンサートツアーを経て、 12 月 4 日には自身初となる国立代々木競技場第一体育館での単独コンサートを開催する。

記事タグ