三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの今市隆二が18日、東京・BN Studioで19日から22日まで期間限定で開催するPOP UPショップ「2019 RILY POP UP」のオープンに先駆けて、囲み取材に応じた。

今市隆二

 「2019 RILY POP UP」は10月30日にリリースする第5弾シングル「RILY」の連動企画として、新曲「RILY」のMVの世界観を表現した内装と、新作のウェアコレクションを展開するというもの。 ソロツアーから始まったプロジェクトで、今市はクリエイティブ・ディレクターとして、全てのアイテムの企画、ディレクションをおこなっている。

 今回のアイテムは、今市がリスペクトするマイケル・ジャクソンからインスピレーションを受けたハットや、シャツなど合計18種類25アイテムを用意。この日、今市が着用していた服も自身プロデュースによるもの。店内には「RILY」のミュージックビデオのシーンをイメージした楽器などもステージに配置されている。

「2019 RILY POP UP」MVをイメージしたステージ

 囲み取材で「RILY」の曲作りについて聞かれると「このプロジェクト『RILY POP UP』が始まった時に、このアパレルブランドのテーマソングとMVを作りたいと思いました。その中でどんなイメージが良いのかと考えた時に、アメリカでLILYはミドルネームに使われることも多いので、女性に見立てたら良いのかなと思いました。それはカッコいい外国人女性で、それに惑わされる男性というイメージなんです。去年は海外で作曲することが多かったので、その影響が大きかったです」と楽曲のイメージを説明。

 クリエイティブ・ディレクターとして大変だったところについて聞かれると、「今回で2回目ということもあって、だんだん感覚もわかってきました。求められるものを作りたい、という思いがあるので、そういうものをひとつずつ作っていきたい」と語った。

 ブランドネームにRILYと名付けた由来について「小さい頃からLILY=ユリの花言葉である“威厳”と“純粋”、香りも含めて好きな花なんです。ユリには様々な色があることから、それをブランド名にしたら広がりがでると思いました。そして、LILYの“L”をRYUJIの頭文字である“R”に置き換えています」と述べた。

 POP UPショップの今後について聞かれると「この『RILY』はアーティストと連動しているアパレルブランドでもあるので、タイミングを見て続けていきたい。音楽とアパレルは相乗効果がある。いろんな方面から共感していただけると思うので、巻き込んでいきたい」と意気込んだ。【取材=村上順一】

この記事の写真

記事タグ