女優の広末涼子が10日放送の日本テレビ系『スッキリ』に出演。小さい頃から芸能界入りを目指す中、男性との2ショットを撮らないという心掛けをしていたことを明かした。

 13日から放送がスタートする同局系ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演する賀来賢人、井浦新とともにゲスト出演した広末。番組では広末からクイズが出題された。

 中学2年生の時にデビューした広末は、小さい頃から芸能人になることを目指していたといい、「そのためにあることを心掛けていました」とMCの加藤浩次に質問をぶつけた。

 CMをまたいで回答した加藤だったがはずれ。広末は「男の人と2ショットを撮らない」と回答し、男性との2人だけの写真撮影を自身の中でNGにしていたという。

 広末は「子供ながらに、あと『彼氏だ』とか言われたら嫌だな。そうしてました。みんなで撮ることはあっても…」とし、広末が実践していたという心掛けにスタジオは驚き。加藤は「さすがですよ、そこは」と感嘆の声を挙げていた。

 また、賀来からは広末に対し、撮影現場でいつもニコニコしているのはなぜ? との疑問がぶつけられた。

 賀来賢人は「あんまりバラエティとかにも出られてなかったり、神秘的なイメージ」を広末に抱いていたが、「つねにニコニコして、楽しそうに現場にいらっしゃる」とギャップを感じたようだ。

 さらに、「普通に話しかけてくださるんですよ。僕からしたら『広末涼子さんが』」とかつてスクリーンやテレビ画面越しに見ていた広末の気さくさにも驚いているようだ。

 このクエスチョンに広末は「明るく楽しくないと意味がないなって思っていて」と切り出し、「悲しいシーンの時は楽しい音楽を聴いてます」と自らの芝居へのこだわりを明かした。

 シーンを演じるだけなら良いが、「ずっと悲しくなっちゃう」という広末。「その日ずっと悲しくなっちゃうから、ギリギリまで楽しい音楽で明るくしといて。悲しいの嫌いで」と現場での心掛けも語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)