中居正広

 中居正広が司会を務めるTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が11日放送され、浜崎あゆみの自伝的小説として話題の「M 愛すべき人がいて」を取り上げた。

【写真】大胆胸元、熱唱する浜崎あゆみ

 8月に発売されて以降、話題をさらう「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。浜崎の衝撃告白をベースに書かれたもので、この日の放送では著者の小松成美氏をゲストに迎えた。

 番組では、エイベックス松浦勝人氏と浜崎の「禁断の愛」を再現VTRで紹介し、2人の出会いから“禁断の愛”、そして破滅の物語を放映。この中で浜崎は松浦氏を“マサ”と呼んでいる。

 番組ラストのスタジオトークでは、青春時代に浜崎の楽曲を聴きこんでいたというギャル曽根が感慨深げにコメント。「あゆの大ファンだったので、改めて『ここもそうなんだ』『この歌もそうなんだ』っていう、『こういう気持ちだったんだ』っていうのが改めてわかって」と感想を述べた。

 今回の“告白本”は、オファーを受けて1年という時間をかけて制作したと話す小松氏。中居に向けて「いつか何か本にしたいと思うことがありましたら」と“自伝本”を提案すると、中居は「本って何?  歌ってないのにミリオンセラーみたいな」と切り返して場を盛り上げる。

 ところが、梅宮アンナが「私生活のこととか、聞かれるの大嫌いじゃないですか?」と尋ね、これに室井佑月や假屋崎省吾も加わって畳みかけると、中居は「やいやいやいやい言わんといてください!」と声を荒げた。

 そして、「急に何ですか。『M』って俺のことかい? 俺じゃない。マサ…」などと、番組で描かれた“マサ”と自身の“マサ(ヒロ)”をかけてオチを付け、スタジオには驚きと歓声が挙がった。

 この放送はネット上で大きな反響を呼んだが、最後のスタジオトークにも多くのツイートが投稿された。

 ツイッターには「マサは中居くんww 確かにww」「マサ(ヒロ) 綺麗に落としてくれました」「中居くんはヒロちゃんだから全然気付いてなかったよw」「中居くんうまいなぁ」「そんなオチで 番組をしめてみせる 中居正広が好きだ」「 重い空気が和んだよ~」などのコメントが寄せられ、中居の“オチ”に絶賛の声が挙がっている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)