米倉涼子らが7日、東京・六本木のテレビ朝日で、主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(10月17日スタート、初回15分拡大)制作発表記者会見に臨んだ。

 大門未知子が約2年ぶりに帰ってくる。米倉は「久しぶりのなので緊張する」としつつも「皆さんにお会いできて嬉しい」と頬を緩めた。挨拶の冒頭で「30分ぐらい話しちゃうかも…」と語っていた米倉。「このドラマの前にミュージカルをアメリカと日本でやっていて…」と口を開くと、ミュージカル上演の1カ月前に「低髄液圧症候群」に患ったことを告白。

 「今は元気だから言える話だけど…」と前置きし、「真っすぐ歩けずやる気もなくなる。どうしようと。舞台は回ったり飛んだりするので、1曲やるとご飯食べても気持ちが悪くなる。このまま『ドクターX』ができなくなっちゃうんじゃないかと心配にって…」と明かした。

 さらに「ドラマの監修を務めている先生が脳外科医の先生で、相談して処置してもらって、アメリカに行ったときも、紹介してもらってなんどか立てるようになりました。この場を借りてお礼を言いたい」と感謝。

 続けて「前回の最後に大門未知子は大病になって『医者も患者になるべきだ』というセリフがあるけど、私は本当の医者ではないけど、医者に頼る気持ち、的確なアドバイスや処置を求める気持ちを実感することができました。(鈴木浩介演じる)原守先生が仰っている患者に寄り添う医療も大事。でも大門未知子には俊敏な治療もできる。そういう気持ちでできるんだということで気合が入っています」と述べた。

 そうした実体験を踏まえて演じる医者役。「自分のことを通して医者を演じる意味がなんとなく違う目線で見られるようになった。優しい大門になるかもしれない。大門は『オペをしないと死ぬよ』と言うけれど、愛情があってのこと。でもまた違う捉え方になったかな」と感慨深く語った。

 一方、名指しを受けた鈴木は「いきなりで驚いた」と語りつつ「大門先生の『失敗しないので』は責任のある言葉。それと向かい続けてきた米倉さんと大門の凄みはそこにある。実人生でもパワーアップしていると思う」と述べた。

記事タグ