永野、斎藤工、SWAY

 斎藤工と永野、SWAYが5日、福岡県北九州市の西日本総合展示場新館で開催されたファッションイベント『takagi presents TGC KITAKYUSHU 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』に登場。出演する映画『MANRIKI』の公式SNSフォロワーが、11月29日の公開までに1万人達成しなかったら公開を中止することを宣言した。

【もっと写真を見る】ランウェイを歩く斎藤工、SWAY、永野(4枚)

 映画は、斎藤工と、芸人・永野、ミュージシャンの金子ノブアキ、映像クリエイター清水康彦によるプロジェクト「チーム万力」の長編映画。永野の原案・原作に、斎藤工が齊藤工名義で企画・プロデュースにも加わり、清水が監督を務めた。劇中音楽は金子が手掛けた。

 イベントでは、映画『MANRIKI』の映像が流れ、斎藤工、永野、SWAYが登場すると会場は歓声の渦に包まれた。斎藤工は顔までをすっぽりと被せたロングジャケット、永野は分身の人形を身に着けて、SWAYはパーチケ(パーティーチケット)を持ちながらランウェイが始まり、手元にある名刺をバラまいた。

 ランウェイトップに着くと永野は「パラパラを流してもらって名刺を配りながら一周します!」と掛け声をかけ、3人はランウェイから客席へ降りていき、名刺を手渡しで配った。配った名刺は本作に因んだ、万力美容クリニックの名刺とパーチケ。まさかのキャストの急接近に会場は一気に大盛り上りとなった。

 ランウェイを終えた、3人はMCのSWAYを筆頭に映画『MANRIKI』について語った。斎藤は本作の内容について聞かれると「ほぼ、昼顔と同じ内容です」と笑いを誘いながら「小顔矯正スプラッターブラックコメディ映画となっており、めちゃめちゃ派手な映像となってます!」「映像を見てもらって、なにか感じるものがあった方は人生が変わる一本になるかと思います」と話した。

 永野は「3年前にTGCに出させてもらった時に舞台袖で小顔マッサージや、小顔プリクラとかをやっているのを見てアイディアが浮かびました。とにかく小顔の方がさらに小顔にするっていう内容なので! 皆さん面白いと思うので是非見てください!」と本作をつくった経緯も明かした。

 中盤に差し掛かるとSWAYから「皆さんにとてもとても大切なことを今から言います」と言い出し、楽しい雰囲気は急展開。「11月29日公開とは言ったのですが、映画『MANRIKI』、TwitterとInstagramのアカウントのフォロワーが1万人達しなかったら、こちら上映できません!」と衝撃の告知。斎藤からは「皆さんがフォローしてくれないと、公開ができない映画『MANRIKI』でございます」「このコーナーは携帯使用OKなので、皆さんいますぐフォローしてください」「残り73日で1万人なので、一時的でもいいのでお願いします!」。

 異例の3人からのフォロー懇願ランウェイとなった。

 公式SNSは「@manrikimovie」。

この記事の写真

記事タグ