山口まゆ、寛一郎、結木滉星

 寛一郎、山口まゆ、結木滉星、PANTA(頭脳警察)、山口義高監督が5日、都内でおこなわれた、映画『下忍 赤い影』公開記念舞台挨拶に登壇した。

【写真】舞台挨拶に臨む山口まゆ(6枚)

 幕末を舞台に、忍者組織の最下層である「下忍」の末裔である寛一郎演じる竜が、勝海舟(津田寛治)から受けた「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静(山口まゆ)を奪還して国に送り戻せ」という密命を遂行するなかで「自分とは何か」を見出していく物語。忍びの尚を演じた結木滉星が主演を務める『下忍 青い影』(11月15日公開)の対となる作品だ。アクション監修は『キングダム』などで知られるアクション俳優の坂口拓が務めた。

 薩摩藩の姫・静を演じた山口は本作が初めての時代劇。「着物を着てお芝居をすることが初めて、がっつり(帯で体が)締め付けられている撮影でしたが、それが心地良くて。締め付けられたときに役にも入れて、切り替えができました」と衣装が役作りの一助になったことを明かした。

 姫を演じるのは難しかったという山口。監督は「姫を演じるにあたっては、(立場や)育ちも違うので、DVDなどを渡して研究してもらいました」と明かすと、山口も「強い印象と言われ続けてきました」と語り、姫の風格と威厳が生まれるように役作りをおこなったとした。

山口まゆ

山口まゆ

 「球技は苦手だけど体幹が良くて」と運動神経が良いとも語った山口。「アクションをやりたくて、(寛一郎などのアクションシーンを見て)うらやましいと思い、(撮影現場では)近くで見ていました」。懐刀を手にするシーンもあるが「一瞬で終わってしまってもっとやりたかった」とアクションへの願望も明かした。

 この日は、映画で語られる「何者にでもなれる」という言葉にかけてそれぞれなりたいものを紹介。結木が「それこそ『なに者にでもなれる人になりたい』。自由にやりたいことをやりたい」、寛一郎が「人とのコミュニケーションをとるのが苦手。でも今年はとって吸収していきたい」と語るなか、来年20歳を迎える山口は「大人の道へ進んでいけるように頑張りたい。大学にも行っているけど、結構しゃべれないタイプ。自分からいって人脈を広げたい」と抱負を述べた。

この記事の写真
山口まゆ

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)