渋谷すばるが、ファーストアルバム『二歳』(10月9日発売)収録曲「ぼくのうた」のミュージックビデオを公開した。その撮影は、たった5分という異例のスピードでおこなわれたという。

 現在、同アルバムの発売に向けて、自身初の楽曲配信をおこなっている渋谷。27日には先行配信第三弾となる「ぼくのうた」の配信が始まった。同曲は、同アルバムの1曲目を飾るナンバーで、渋谷の強いメッセージが込められている。

 その世界観を表現するために制作されたのがMV。自身企画のもとで、テーマ「らしさ」をにそって作られた。上半身裸でマイクとギターしか存在しない空間で全力で歌を届ける、ワンカット撮影の熱い内容となっている。

 また驚くべきはその撮影時間。スタジオ滞在は約1時間、撮影は約5分。一般的には1曲のMVを撮るのに移動時間も含め半日から1日、多いときで2日かけることを考えても、異例の早さといえる。もちろん事前にイメージづくりや撮影方法についてしっかり打ち合わせをおこなったというが、楽曲の長さ約6分とほぼ同時間で終えるそのスピード感は驚きだ。テイクを重ね合いことで生まれるライブ感が同曲から伝わってくる。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)