二宮和也

 嵐の二宮和也が25日、都内でおこなわれた『JCB 新CM発表会』に出席した。

 二宮は、ジェーシービーが新たに展開する新テレビCM『相棒のように~キャッシュレス定食~』篇(9月25日から放送)に出演。小さな定食屋を舞台に、伊藤修子とのコミカルなやりとりのなかで、キャッシュレス決済ができるJCBカードの利便性を訴求する。

 二宮が出演する同CMは、2010年5月に第1弾『HAT』篇が制作されてから、今回で30作品目となる。この日は10年の歩みを年表を見ながら振り返った。

 今年3月に放送された『相棒のように~はじまり』篇では、当時インタビューで、松本潤に靴をプレゼントしたものの、履いてくれないことを明かしていたが、「あのあと自慢げに履いてきたんですよ。テレビや雑誌などメディアの力はすごいなと思いました。半分ネタみたい感じで言ったのが恥ずかしい。本人にきっちり届きましたよ」。

 さらに「彼は日本にとどまっている人間ではないと思っているから、世界に飛び出してほしいとの思いを込めて全世界の国旗が載った靴を買って。でも(松本は)『この靴履けるかよ!』と言っていたけど、履いてきた。履きこなしていた。これで羽ばたける」と笑みをこぼした。

 普段からプレゼントを贈っているという二宮。相手に身に着けてほしいものや、その人ならではのものを考えて選んでいるという。「メンバーとも付き合いが長いから、自分達で買っているものもある。なので本人が気づかないものとかを選ぶようにしています」と語った。

 改めて「CMを撮ってもらわなかったら松本潤にも履いてもらわなかったから良かった」と述べた。

 この日は、2012年で共演したカエルくんから花束の贈呈を受けた二宮。改めて「こうして振り返ってみると(10年を)通ってきたなと思うけど、瞬間に思い出せるのはCM、映像の力だと思う。10年が長いように、20年目もあっという間にきましたね、と言えるようにしたい。ここにいるみなさんと一緒に頑張っていきましょう。どんな形でもいいです。僕がカエルくんになってもいい」とこの先も同CMに出続けたいとの意欲を示した。

記事タグ