三浦春馬

 俳優の三浦春馬が、21日放送のTBS系『人生最高レストラン』に出演。恋愛に臆病になっているという現在の自身について語った。

【写真】笑顔を見せる三浦春馬

 この日の放送にゲスト出演した三浦。日頃から肉食が好きで、“トンカツ”が大好物という。自身が通っているお店が紹介されるなど“トンカツ愛”を語った。

 司会のチュートリアル・徳井義実から、デートで食事に行くとき、トンカツ屋さんも選択肢に入るか尋ねられると、「入れたい」と断言する三浦。「このとんかつ、私食べきれないから食べて」とシチュエーションを説明しながら「やりてえ!」と願望を口にした。

 すると、話は恋愛話へ。徳井から「恋愛でもグイグイ行く感じですか」と聞かれると、三浦は「行きたいですよ」と自らの気持ちを打ち明ける。

 そして、「ストレートに、これが似合うと思ったからこれ、プレゼントするね」と、まだ付き合う前の時点から気持ちをぶつけていくようで、サバンナ・高橋茂雄からは「何、思い出し笑いしてんねん」とツッコミを入れられた。

 ところが、30歳を前にした現在、自身の恋愛における変化を感じ取っているという。三浦は「若かりし頃のほうが、何も考えずにストレートに行ってたなって思って」と女性への接し方が変わってきたことを語った。

 さらに「本当にいいなと思った子に対して、全然いけなくなってるな」と、ストレートに気持ちをぶつけていくことが難しくなっているという。

 この話にスタジオは驚きの声を挙げ、高橋は「おせっかいな友達で僕すぐ行きますよ。『見てるで、三浦くんが』」などと返答。三浦は「パスとトス、出してほしい」と悩まし気に語り、「いやあ、臆病になってますねえ」と自分の変化を感じ取っているようだった。

記事タグ