ラストアイドルの清原梨央が19日、年内の活動をもってグループを卒業することを発表した。清原は公式サイトを通じて「今年に入ってからずっと考えていたことで、2周年という節目で、アイドル人生に区切りをつけることにしました」とコメントを発表した。

 清原はこの日、公式サイトを通じて年内の活動をもってグループから卒業することを発表。合わせて、卒業を決めた心境をしたためた。

 そのなかで清原は「私、清原梨央は、ラストアイドルを卒業します。突然の発表になってしまいごめんなさい」と報告。続けて「今年に入ってからずっと考えていたことで、2周年という節目で、アイドル人生に区切りをつけることにしました」とし、活動ができたのはファンの存在であったことを伝えた。

 また、「ラストアイドルに入ってもうすぐ2年。終止符は、諦めた時ではなく自分が悔いなくやり切った時に打つと、ずっと心に決めていました。今が、ここを離れる時だと思いました。ラストアイドルでの活動に、悔いはないです」とし、メンバーやスタッフへの感謝の想いを伝えた。

 今後についてはまだ決まっていないものの「卒業後に進む道も、一緒に歩んでくれたら嬉しいです」とファンに呼びかけるとともに、卒業まで「ラストアイドルとして全力で楽しんで頑張りたいと思います。宜しくお願い致します」と力を込めた。

 清原は、ラストアイドルファミリーの1期生。グループ内のSomeday Somewhereで活動。愛されキャラとしてファンから親しまれ、今年1月公開の映画『がっこうぐらし!』では、阿部菜々実、長月翠、間島和奏とともに出演。グループ内では今後のさらなる活躍が期待されていた。

記事タグ