田村淳が総合プロデュースする、アイドルグループ・道玄坂69が17日、都内で、デビューライブ『明日抱けるアイドル 道玄坂69 爆誕デビューライブ』を開催。ファンからのアンコールならぬ延長コールに応えるなど、大盛り上がりのなかデビューを飾った。この日は、690人限定のクリスマスライブを開催することも発表された。

 開演前に開かれた取材会で、田村淳は「初ライブなので全力を出してほしい。お客さんの前で踊る、歌うことで『これだけ楽しいものなんだ』と思っていもらえたら次につながる」と語っていたが、この日のメンバーは序盤こそ緊張の色が見えたものの、徐々にそれは解け、最後は笑顔でファンの声援に応えるなど、ライブを楽しんでいる様子だった。

 グループ名にちなみ、チケット代690円という大判振る舞いも重なって限定260人のチケットは即完売した。観客で埋め尽くされた会場で、まずステージに登場したのは田村淳。観客に向けて「初めてのライブでこれまで頑張って練習した。緊張しているけど、皆さんの声援にパフォーマンスはかかっている。熱い視線を送って下さい」と呼びかけると「行けるよな、渋谷!」と声を張り上げ煽る。

道玄坂96

道玄坂69

 場内の熱が高まったところでメンバーが登場した。この日のライブはアイドルのカバー曲が中心。幕開けを飾ったのは「セーラー服を脱がさないで」。笑顔に努めるメンバーだが、緊張の色も見える。そのなかでひなは穏やかな表情を見せ観客の心をつかむ。一方の成海ゆづは目の前に広がる多くの観客に目に光るものをためていた。

 まだまだ初々しさが残るパフォーマンスだが、それでも懸命に届ける姿に、場内からは大歓声とコールが起きていた。自己紹介を挟んで「言い訳 Maybe」などを歌う。激しく踊るメンバー。場内のペンライトも様々な色を放ち揺れていた。

 怒涛の如く届けた後、マスクをしている成海ゆずといちごが「私たち酸素吸いますね」と酸素補給。改めて正面を向くといちごは「みんな盛り上がっていますか! 男子! 女子!」とコールアンドレスポンス。女性客の歓声も響き渡っていた。

道玄坂96

道玄坂69

 事前に募集していた観客からの質問に応えるコーナーを挟んで、アイドル曲のカバーを続ける。開催前におこなった所信表明総選挙で1位になったといういちごが選曲した「金曜日のおはよう」を歌い届けた。

 送られる大歓声にいちごは「熱気が気持ちい!」と笑顔。そのまま「次で最後の曲です!」と告げると、場内は残念がる声が響く。この声に感極まったLIZの目に溢れんばかりの涙がたまった。ライブ最後の曲は自身のオリジナル曲「言っちゃダメだ」。ダンスサウンドとロックサウンドを融合させたアッパーな曲だが、歌詞は<私を分かってくれるのは君だけ>などキュートさがある内容。観客もコールを徐々に作っていくなど、デビューならではの光景も広がっていた。

 ライブを終えたメンバーは清々しい表情でファンに感謝。そのままステージを後にした。

 しかし、まもなくしてアンコール。そのアンコールは、一人の男性の掛け声がきっかけで「延長コール」へと変わる。盛大に「延長コール」が響く中、メンバーが登場、「ご延長ありがとうございます」。そして、協賛団体から性病検査キットを来場者全員に配布することを報告。LIZは「自分は大丈夫だと思ってはダメ」と検査を促した。またひなデザイン画も入ったグッズ、Tシャツも披露。「ご延長頂きましたので1曲」と、再びオリジナル曲を披露して全てのライブは終わった。

田村淳と道玄坂69

田村淳と道玄坂69

 終演後、田村淳がステージに再登場。「最高でした。みなさんの声援があってできました。ここから成長していきます。その成長を支えるのは皆さんです!」とファンに向けて鼓舞。更に、今回完売したことを受けて、690人限定のクリスマスライブを開催することを発表。「完売しなかったら解散」とするも、一人の客が「すべて買います!」と宣言して、数分足らずで解散は回避。田村は「その次は6900人のライブとか。ものすごいスピードでやっていかないといけないのでお力添えをお願いします!」とし、最後に再びオリジナル曲を披露して終演した。

 道玄坂69は、 BSスカパー! で放送中の番組『 田村淳の地上波ではダメ!絶対! 』(BSスカパー ! 毎月第1木曜日午後10時~)から生まれたグループ。「明日抱きに行けるアイドル」という前代未聞のコンセプトを掲げている。なお、この日の準備の模様は10月3日、ライブ本編は11月に同局で放送される予定。

記事タグ