矢作紗友里・植田佳奈

 声優の植田佳奈と矢作紗友里が13日、幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2019』Xperiaブースで生配信された、ニコ生番組『Xperia Presents 吉田尚記XYZ!』に生出演した。

 2013年から2015年春まで配信されていた番組が期間限定で復活。パーソナリティはニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、『アイマス』の天海春香役などで知られる声優の中村繪里子。

 この日ゲストとして登場した植田佳奈は、『Fate/stay night』遠坂凛役、『咲-Saki-』宮永咲役、『魔法少女リリカルなのは』八神はやて役などで知られ、吉田アナとは番組共演経験も多い。一方の中村とは養成所の同期だといい、中村は「佳奈ちゃんが先にデビューしていてアーティスト活動していたのを、先輩のようで同期のような感覚で見ていた」と振り返った。

 一方の矢作紗友里は結婚して主婦兼声優として活動。『暗殺教室』奥田愛美役や『バクマン。』高木香耶役、『To LOVEる -とらぶる-』西連寺春菜役などで知られる。中村とこうしたトークショーで会う機会は珍しかったようで、中村は「こんなにしゃべるのは初めて!」と喜んだ。

 二人とも普段からゲームを楽しんでいるといい、特に植田は「大」が付くほどのゲーム好き。家でパーティーゲームがおこなわえるようにとゲーム機やモニターなどを複数台所有しているという。一方の矢作は移動中にスマホゲームをやっているといい、多い時で3時間。なかでも乙女ゲームにはまっているようだ。

 この日は、スマホの最新機種「Xperia 1」を使ってゲームを実演。同機種は、21:9のシネマワイドディスプレイに4KHDR有機ELを使用した高解像度、さら攻略サイトの検索が可能なゲームエンハンサーモードなどを搭載するなど、操作性に配慮を加えた。

 二人はまず、カーレース『アスファルト9:Legends』を体験。見事3位になった矢作は「やった! でも2位にならないと」と悔しがった。一方の植田は途中でクラッシュするも上位に入り込んだ。次いで、サバイバルゲーム『アイデンティティV』を植田が挑戦。ハンターから逃れながら暗号を解読し脱出するスリルのある内容。植田は「緊張しすぎて解読できない」と焦りを見せつつも、手慣れた様子でクリアした。

 二人とも大画面でのゲームに満足の様子だった。

矢作紗友里

ゲーム実演の様子

吉田尚記アナと中村繪里子

植田佳奈

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)