橘ケンチ

橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)と九州随一の注目蔵のひとつ白糸酒造(福岡県)のコラボレーションによる日本酒「橘六五」のリリースが決まった。

日本酒「橘六五」

EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーとしてはもちろん、日本酒をライフワークとしながらここ数年様々な活動を通して日本文化への造詣を深めてきた。常に変わらぬ「現代の日本酒の味わい深さを始め、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」との想いは、多くの実力派酒蔵や日本酒の現在を紡ぎ続けるキーパーソンとの信頼構築の原動力となってきた。2020年に控える所属事務所LDHによる6年に一度の一大イベント『LDH PERFECT YEAR 2020』を前に、現在も精力的に各地の酒蔵へと足を運んでいる。

そんな日本酒に関する活動の中で公私を隔てず交流を継続してきたコラボ相手の白糸酒造は、酒造好適米の王様と言われる山田錦有数の産地として名高い福岡県糸島地区にある安政2年(1855年)創業の酒蔵。現在の代表銘柄のひとつである田中六五は、蔵元の名字はもちろん〈田んぼの真中〉との蔵の環境にも由来しており、地元産の山田錦を65%に精米して造った酒こそを表現の特性としている。その他にも全国的にも珍しい木製の槽に石を重しとして使用する、ハネ木搾りという上槽法を採用していることでも知られている。

今回のコラボのベースとなったのも、まさに8代目蔵元となる田中克典杜氏の立ち上げたブランドである田中六五。今年2月の麹造りに始まり、3月には古式の上槽法・ハネ木搾りも体験。「伝統とモダンが絶妙なバランスで混ざり合っている白糸酒造。糸島という場所を誇りに思う気持ちはこんなにも美味しいお酒を生み出すのか」(橘ケンチ)との気づきを得ながら、蔵人と造りや蔵開きをともにした後、この秋、パッケージに橘ケンチが日本文化に従事していくことを表す〈橘〉の名称を改めて冠した「橘六五」を完成させた。

販売については、田中氏の盟友とも言える福岡の住吉酒販庄島氏とも協議を重ねた上で、三酒の神器を裏テーマに荒走り(First)&中汲み(Second)&責め(Third)の3本1組、限定800セットでのリリース形態を採用。橘ケンチ監修のLDH kitchen IZAKAYA AOBADAIにて10月1日(火)から行う4日間の先行提供の後、住吉酒販本店及び各支店にて10月5日より特別ボックス仕様で発売予定となっている。

田中克典(白糸酒造杜氏)

さらに、発売日の週末10月5日(土)6日(日)には白糸酒造及び住吉酒販の地元・福岡にフォーカスした、橘ケンチ&田中杜氏&庄島氏3者による六本松 蔦屋書店でのトーク・イベントや、蔵元と酒と料理を楽しむ橘六五の会といった催しも予定されている。応募詳細は、トーク・イベントは住吉酒販各店、酒の会は『Discover Japan』公式サイトと、それぞれ順次告知がスタートする予定となっている。

橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)コメント

「秋田の新政酒造さんとの亜麻猫橘、京都の松本酒造さんとの守破離橘という2つのコラボを経て、次にご一緒させていただきたい蔵元さんを考えた時、以前から懇意にしてくださっている白糸酒造の田中さんがすぐに頭に浮かびました。加えて、自分自身が日本文化に従事していくことを表す“橘”の名を育てていく意味でも、福岡の田中さんとともに九州エリアへ想いを伝えたかったというのもあります。その白糸酒造さんは、昔からの伝統的な技法・ハネ木搾りを続けている由緒ある蔵でありながら、若い蔵人さんがモダンな現代蔵でいいペースで仕事をされているのも印象的でした。また、代表銘柄のひとつである田中六五では普段上槽した後の搾りで出る荒走り、中取り、責めを1本のお酒にして出すそうなんですが、今回「橘六五」は荒走り=First、中汲み=Second、責め=Thirdとそれぞれをボトル詰めして3本1組にさせていただきました。ぜひ3種を飲み比べていただいて、「搾って出てくる順番でこんなにも違うんだ」と味わいの差を体感してみて欲しいです。そして、このお酒が生まれた糸島を想像しながら福岡でのイベントを楽しみにしていただきつつ、「橘六五」がみなさんの新たな日本酒ライフのお供になれたらいいなと思っています」

田中克典(白糸酒造杜氏)コメント

「当蔵で主要な造りの工程すべてに関わっていただくのは初めてのことだっただけに、どのように作業を行っていただくかをとても考えました。というのも、弊社は他の酒蔵さんよりも少しだけ手作業が多いので、慣れるまでは難しかったと思います。ただ、実際の仕事ぶりや周囲への配慮もすばらしく、お互い気持ちよく造りをできたと思います。今回3本セットの日本酒として完成した「橘六五」は、3種類すべて味は異なりますが、糸島の水の個性に裏打ちされた弊社の特徴がよく出ていると思います。全体的に味幅のある六五らしさを兼ね備えつつ、橘ケンチのエッセンスが加わったバランスのいい酒になっています。同じタンクのお酒を箇所ごとにわけて瓶詰めした上3本で販売するという、業界でもあまりない試みだと思います。ぜひ3本それぞれの違いと日本酒の奥深さを併せて体感してもらえたら幸いです。蔵としては、今後も福岡の定番酒という目標を引き続き求めながら、白糸酒造なりの表現で進んでいきたいと考えています。そして、日本の伝統文化であり日本人の誇りでもある日本酒の美味しさやすばらしさを、日本酒を愛するケンチさんの発信力によって多くの方たちに伝えていっていただききたいです」

この記事の写真

記事タグ