辻美優(elfin')と赤井英和、目黒啓太監督が10日、都内でおこなわれた、映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』(9月21日公開)完成披露試写会に出席した。

 本作は、日本とフィリピンのボランティアたちによる、フィリピンのパンダン水道建設工事にまつわる実話を描く。

 ボランティアに参加する主人公・明日香を演じた辻は、本作が映画初出演にして初主演となる。「光栄です。海外の長期滞在も初めてで、不安もありましたがワクワクした気持ちもありました」と笑顔。現地での体調管理はどうだったかと聞かれ「水の大切さを改めて感じました」とうなずいた。

 一方、同水道建設工事の立ち上げから関わり、反日感情が強い現地でも、その誠実な人柄と情熱で皆から最も信頼される、アジア協会アジア友の会・岩田役を演じた赤井は「“岩田”という人は、アジアの情勢を知りながら困った人に手を差し伸べる奉仕の精神を持っている人。素晴らしいなと思いました。もっともっと近づきたいなと思いました」とし、台本を読んでいる時点で「引き込まれた」という。

 目黒監督も「こんなことは自分にはなかなかできない。誰かのために何かをするというのは口では言うのは簡単だけど、やるのは大変。そういうことになれていない明日香という視点から作っていきました」と述べた。

 また、劇中で明日香を迎え入れた5歳の少女アミーとの共演について聞かれると、辻は「本当に本当に可愛くてしょうがない。毎日一緒にいて、朝の撮影開始前にアミーが私のことを探してくれて。明日香もきっとアミーのこういう姿が好きになって友愛を育んだのかなと思いました」とし、劇中でも登場する折り紙を自身も日本から持って行き、折ってプレゼントしたようで、そうした時間も芝居に役に立ったと振り返った。

 そんな辻が演じた明日香は女子大生。監督は「辻さんと、どこにもいる大学生というキャラクターは役作りとしては難しいという話をして。そのへんは汲み取ってお芝居された」と称えた。

 一方の辻は、自身も本作が映画初出演で初主演、明日香も初のボランティアという「初めて」というところで重なるところがあったとし、明日香が現地に降り立ったシーンが感覚をつかむきっかけになったと振り返った。

 その辻は、本作で劇場前売り鑑賞券の特典オリジナルポストカードのイラストも担当。フィリピンに伝わる「マロンパティの涙の伝説」をイメージしたもので、「撮影で行ったとき写真を撮って。すごくきれいだった。そこに向かうまでは道のりは往復2時間で大変だったけど、本当にきれいで水も澄んでいて。映画を観た後に見て感じて頂いたら」と呼びかけた。

 また、監督は印象に残っている赤井の撮影としてアドリブを挙げた。「印象的なアドリブがあって。『明日香おかえり』と。そこが好きです」とすると、赤井は「覚えてません」と照れ笑い。監督曰く橋の上でのセリフだったという。辻も「私も印象深くて。明日香的にはもう一人のお父さんと思った瞬間だった」と笑み。赤井は「心のそこから出たもの」とすると、監督は「象徴的なシーンで、何気ないから良い」と語った。

 本作の主題歌「アンルート」はelfin'が歌っている。辻は「曲を作ってくださった方が映画を観て物語にそって歌詞を起こした。映画を観て余韻にひたりながら曲を聴いて下さったら、『アンルート』に込められた歌詞が見えてくると思う」と語った。

 改めて、監督は「カーチェイスがあったり派手な映画ではないが、フィリピンで一つ一つ丁寧に作った映画」、赤井「心が震える映画になっていると思う」、辻「実話をもとにした物語。絆の物語、観を終わった後に明日香のように感じるところがあったら嬉しい」と挨拶した。

 なお、この日は、映画に絡み、3人がそれぞれ「人生がひっくり返るような転機」についても語った。

赤井英和

辻美優

辻美優

記事タグ