祭nine.が9月8日、神戸市のワールド記念ホールで行われた日本最大級のファッションショー「神戸コレクション 2019 AUTUMN/WINTER -ガールズフェスティバル」に出演した。

 昨年に続き2回目の出演となり今回はライブ出演と、スペインのカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」の衣装を着てランウェイでの参加となった。

 ライブでは彼らの持ち味でもあるメンバー7人のフォーメーションからなるアクロバットを披露し、最新シングル「ゴールデンジパングソウル 」をはじめ計3曲を歌唱。ランウェイではモードストリートスタイルの衣装で7人のメンバーが1人ずつ登場し、メンバーが登場する度に会場からは歓声があがり、元気いっぱいの彼らが会場を盛り上げました。

 リーダーの寺坂頼我「昨年に引き続き神戸コレクションに出演させていただき、大変光栄に思います。今回はライブ出演とランウェイで参加させていただきましたが、ランウェイはライブと違った雰囲気でとても新鮮でした。本番前は緊張もありましたが、メンバーが登場する度にお客様からの反応をいただき、あっという間でしたがとても楽しかったです。そしてライブでもお客様からこのイベントを盛り上げようという熱さとパワーをいただきまして、初めて祭nine.をご覧になった方々にもとても暖かく迎えていただきとても嬉しく思います。来年も僕ら祭nine.がより大きくなって関わらせていただけたら嬉しいです。応援のほどよろしくお願いします!」とコメント。

記事タグ