KAT-TUNの中丸雄一(36)が、8日放送の日本テレビ系情報番組『シューイチ』で、関ジャニ∞脱退並びにジャニーズ事務所退所を発表した錦戸亮(34)について言及した。

 中丸は「年齢も近いので残念ではあります」とし、「ただ話し合って決めた結論なので受け入れなければならないと思います」と語った。

 また、「経験則」と前置きしたうえで「20年近くやられていると思うんですけど、そういうメンバーが抜けるというのは、感覚的には身内が死ぬようなもの」とし、「そういうメンバーが抜けるというのはおそらく、錦戸君もメンバーもかなり疲弊していると思う」とした。

 さらに「余計なお世話かもしれないですが、こういう時だからこそ、ファンの皆さんには、錦戸君、グループを支えて頂きたいと思います」と呼びかけた。

 MCの中山秀征が「それだけ考えた末の結果ですね」とすると、中丸は「そうですね」とうなずいた。

 錦戸のグループからの脱退並びに事務所からの退所は先日、ジャニーズ事務所が5日に発表。「2018年、関ジャニ∞は長年苦楽を共にしたメンバーの脱退、また、安田章大の大きな怪我により環境が大きく変化致しました。全員が満身創痍の状態でグループ活動ならびに個人活動を続ける中、それぞれが“自分達の人生”、そして、“これからの生き方”について考え、メンバー同士、また、事務所スタッフとも沢山の話し合いを重ねて参りました」と結論に至った経緯を明かしていた。

記事タグ