シンガー・海蔵亮太(かいぞう・りょうた)が5日、都内でおこなわれた、通信カラオケDAM新商品発表会『DK EXPO 2019』にゲスト出演した。

 カラオケ世界大会『KWC(KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS)』で2016年に男性部門、翌年にはデュエット部門で2連覇を達成した海藏亮太。この日は、デビューシングルで今年6月に再リリースした「愛のカタチ」を熱唱。カラオケチャンピオンの堂々とした歌唱で会場を沸かせた。

 海蔵は、カラオケ世界チャンピオンになった当時を振り返り、「最初は信じられなかったですけど、自分自身音楽が大好きで、その音楽が世界一大好きな人間だと認められたみたいで嬉しかった。音楽は言葉を超えることを実感した」と語った。

 来年東京で開催される『KWC』について「言葉の壁を越えて音楽の楽しさを伝えられたら」と意気込みを話した。

海蔵亮太(撮影=村上順一)

 『DK EXPO 2019』は、第一興商「DAM」最新機種「LIVE DAM Ai」の発表会。メインステージ、プレゼンステージ、DAM CHANNEL(公開収録ステージ)に分かれ、各ステージでさまざまなイベントがおこなわれた。

 メインステージでは、AIアシスタント、ディープラーニング機能を搭載した同機種の説明も実施されたほか、吉幾三、倉木麻衣がミニライブをおこなった。また、イメージキャラクターにお笑いタレントの渡辺直美が就任したことも発表された。

記事タグ