課題はMC

岩谷華奈

――3曲目にはお2人で作詞された「羽ばたく 強く 美しく」が収録されていますが、作詞はこれまでにしたことはあったのでしょうか。

岩谷華奈 2人とも初めてでした。このシングルがリリースすることが決まって、新しいことが出来たらと考えていて、メンバーで作っていきたいという思いがあったんです。。それで、1度みんなで細かいルールとかは決めずに、今思っていることを書いてみようとなりました。

――制作はどのように進んで行きましたか。

岩谷華奈 最初に曲をもらった時に、メロディにハメてもいいし、ポエムみたいに思ったことをただ書いてもいいよという感じで進めていきました。どのパートを担当するのとかも決めてはいませんでした。そして、お互い作ってきた歌詞を組み合わせていきました。

山崎カノン とりあえず個々で書いてみようと始まったんです。

――タイトルはグループのスローガンをそのまま当てはめていますが、歌詞を書いた後につけたんですか。

岩谷華奈 はい。歌詞が完成してから、この言葉が一番当てはまるなと思いました。

――自分で書いたところでお気に入りのフレーズはありますか。

岩谷華奈 私は<わがままで溢れた いびつな羽を広げて 1つに重なり合えば もっと高く翔べる>とサビの<せーので夢握りしめ翔ける>ところが気に入っています。自分の思いを上手く伝えられたかなと思っています。

山崎カノン 私は<大きな壁越え 見える景色はきっと 私たちのイメージを遥かに超えていく>なんですけど、上手く行かないこととかあっても、そんな壁も超えて私達が思っている景色と 実際に立ってみてわかる景色は違うからこそ、経験してみないとわからないことというのはきっとあるので、イメージを遥かに超えた景色をメンバーみんなでみたいね、という思いを書きました。

――<大人が並べたキレイなレールを壊せ>のところも強い意志が感じられます。

山崎カノン そこは私が書きました。まだまだ私たちは未熟なんですけど、もっと大きくなった時に、壊せたらいいなと思いました(笑)。

――実際、作詞されて完成してみて今どのような心境ですか。

岩谷華奈 私は完成してみて、すごく照れくさいです。気持ちを隠しながら書いても、聴いてくれる人には伝わらないかなと思いました。せっかくのチャンスだし思っていることをストレートに書いてみようと思いました。

山崎カノン 私はメンバーと初めて会ったときのことを思い出しながら書いたんですけど、書きながら、こんなこともあったなとか懐かしいと言った感覚もありながら、完成してみてここからもっと頑張りたいと思いました。

――最初に会ったときのこと思い出しながら書いたとのことですが、華奈さんが加入されてもうすぐ1年半になりますが、最初に会った時と印象は変わりました?

山崎カノン 最初に会ったときより、意見も言いやすくなったのか、初期の頃は遠慮していた部分もあったと思うです。でも今は、アイデアとかすごく出してくれるようになったので、話し合いの場がすごく増えました。印象が変わったというより、距離がすごく縮まったと感じています。

岩谷華奈 カノンは最初からいるメンバーということもあって、“スン”としている感じがあって正直怖いなと思っていたんです(笑)。でも、喋ってみたら自分の意見もちゃんと言ってくれるし、ノリもすごく良いんです。メンバー全員そうなんですけど、この1年ですごく話しやすくなりました。

――話し合いの中で熱くなってしまうこともありますか。

山崎カノン 言い合いになったりとかはないです。話し合いとかしていても、和気あいあいとした楽しい感じなんです。

岩谷華奈 あまりシリアスな感じになったりはしないです。Misakiさんはプレーイングプロデューサーという立場もあるので、シリアスな感じのときもありますけど…。

山崎カノン 逆に私達5人だけだと、楽しくやりすぎちゃって怒られちゃうときもあります(笑)。

――楽しそうですね。今後も作詞はしてみたいですか。

山崎カノン はい。自分たちでプロデュースしていくというのも、今後はやってみたいと思いました。

――ちなみに書いてみたいテーマとかありますか。危ない恋愛とか...。

岩谷華奈 そういえば、私たちの歌詞って恋愛の曲はまだないかも。

山崎カノン 夢に向かって頑張ろうといった、背中を押すような応援ソングが多いよね。

岩谷華奈 今後は梟ぽくない、ネタ的な曲とかも書けたら面白いかなと思っています。みんな出身地が違うので、関西弁だったりキャラクターを押し出した曲もやってみたいです。

――アルバムとかにそういう曲が入っていると良いアクセントになりますよね。さて、2曲目の「FLY SO HIGH」にはラップが入っていますね。

山崎カノン 自己紹介的なラップです。Misakiさんが書いてくれたんですけど、華奈の<頼れる最年長>も、みんなもそう思っているので、ずばり当たってます。私たちのお姉さん的存在なので、もうお世話係みたいになっちゃてるんです(笑)。時間とかすごく仕切ってくれます。

岩谷華奈 カノンも私のことを姉さんと呼んできますから(笑)。

――華奈さんは小学生、中学生ぐらいの時から時間には厳しい感じでした?

岩谷華奈 学校に行っていた時はそうでもなかったです。でも、仕事に関してはうるさいですね(笑)。私は長女で弟と妹がいるんですけど、それもあるのかなと思っています。

――沢山妹ができたなみたいな。カノンさんのパートは<今日も食べるの遅い>とありますが...。

山崎カノン 自分ではそんなに遅いとは思っていないんですけど...。

岩谷華奈 遅いですね(笑)。メンバー全員がそう思っていると思います。

山崎カノン 確かにみんなの倍ぐらいは掛かってるかもしれないです。なので、急いでいる時はみんなに食べてもらってます。特に瑠海は13歳で育ち盛りなので、よく食べてもらっています(笑)。

――チームワークが出来てるんですね。学校での給食とかも最後まで食べてるタイプ?

山崎カノン 私の通っていた学校はお弁当だったんですけど、授業が始まるまで食べてました。むしろ、始まっても食べていた時もあって、ご飯を残すのが嫌だったので、「もう少しだからお願い」と先生にお願いして食べてました(笑)。

――すごいです! さて、現在の風光ル梟の目標はどこにありますか。

岩谷華奈 ワンマンライブが出来るようになるというのが一番の目標です。まずはZeppを目指しています。

山崎カノン 日本武道館ももちろんやってみたい場所なのですが、しっかり積み重ねていきたいという気持ちがあるんです。自信がしっかりと付いたところで、立ちたい場所なので。

岩谷華奈 もし、今武道館に立てるということになったとしても、後悔が残ってしまうと思うんです。

――実力とマッチした時に立ちたい場所なんですね。ワンマンライブが出来たとして、やってみたいことはありますか。

岩谷華奈 みんなでタオルとかグッズを振り回して盛り上がりたいです。私たちのことを観に来てくれた方達だけでその光景を見てみたいんです。

山崎カノン 最後の曲で、みんなで感動しながら、腕を振ってみたいです。憧れの光景なんです。

――エモいフィナーレですね。でも、それは曲前のMCもかなり重要ですよね?

岩谷華奈 そうなんです。MCは私たちみんな苦手で、一番の課題だと言われています。今回のリリースに向けて、前作からの1年間でちょっとずつ良くなってきているとは思うんですけど...。

山崎カノン なので、今色んなアイドルさんのMCを聞いて勉強しているんです。

――MCは難しいですよね。最後にファンの方へメッセージをお願いします。

岩谷華奈 9月4日に2ndシングル「淋しい熱帯魚」をリリースします。MVも公開されているので是非観て下さい。そして、CDを手にとっていただいて、ライブにも足を運んでいただけたら嬉しいです。

(おわり)

作品情報

「淋しい熱帯魚」
TYPE-A(CD+DVD)CRCP-10432 1667円(+税)
TYPE-B(CD)
CRCP-10433 1111円(+税)

収録曲


DISC1(CD)]※TYPE-A,B共通


1. 淋しい熱帯魚

2. FLY SO HIGH
3. 羽ばたく 強く 美しく
4. 淋しい熱帯魚 (Original Karaoke)

5. FLY SO HIGH (Original Karaoke)

6. 羽ばたく 強く 美しく (Original Karaoke)

DISC2 (DVD)
※TYPE-Aのみ
・淋しい熱帯魚 (Music Clip)
・淋しい熱帯魚 (Making Clip)
・淋しい熱帯魚 (Full Dance ver.)

ニューシングル「淋しい熱帯魚」リリース記念 ミニライブ&予約者限定特典会
2019年9月7日(土) (1)13:00 (2)15:00
エンタバアキバ店内イベントスペース 東京都千代田区外神1丁目2-7 オノデン秋葉原本館 B1F

2019年9月8日(日) 15:30
タワーレコード渋谷店5F 店内イベントスペース 東京都渋谷区神南1-22-14

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。