星野源、高橋一生、高畑充希、及川光博、濱田岳、犬童一心監督が30日、都内でおこなわれた、映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶に登壇した。

 映画は、土橋章宏氏の大ヒット時代小説『引っ越し大名三千里』が原作。『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務める。国替えを生涯7回も命じられ「引っ越し大名」とも呼ばれた、実在の大名・松平直矩のエピソードをもとに、莫大な費用で財政に苦しむ国を救うため、引きこもり侍の片桐春之介(星野源)らをはじめとした姫路藩の藩士たちが乗り切ろうと奮闘する物語。

 及川光博はこの日、舞台に立つと「はーい! 皆さん。キラキラしていますか? ミッチーです!」と清々しい表情で挨拶。更に、ウィンクを送るなどして熱い声援に応えた。及川の役どころは大名の松平直矩役。王子から殿に“転職”したわけだが、役作りにおいては「台本、脚本の時点で大変面白い役どころを頂きましたので、気を付けたところで言うとギャップ。お殿様としての風格、そして、男色家としてのギャップ…アハハ。あ、僕はそれじゃないですよ」と語った。

及川光博

及川光博

 また、映画にちなんでそれぞれの印象を「〇〇大名」として発表。及川は、星野源のことを「気配り大名」とすると、その理由を「(撮影地となった)淡路島は暑くて、マイ扇風機を持ってきて当たっていた。遠くから見ると僕だけ仲間外れのように見えるけど、ちゃんと話しかけてくれる」と語った。

 しかし、星野からは「やっぱりお話ししたいじゃないですか。王子様感だと若干話しづらいところがありそうだけど、そういうことはなくて、逆に気配りされていた」と、及川も気配りの人であることが明かされると、照れ隠しか、及川は「気配り元王子」と自身をそうたたえ、笑みをこぼした。

 一方、高畑は及川の印象を「扇風機大名」。その理由を「ミッチー先輩の横には扇風機や冷却シートがあった」と明かされ、及川は「とにかく涼みたい。きょうも汗をかいて…」と笑みを見せていた。

 この日は、初日を迎えた祝いにと登壇者全員で鏡開きをおこなった。

記事タグ