ずっと音楽をやっていきたい

――ところで、有華さんはすごく前向きで行動力がありますよね。

 一人のときはめちゃめちゃネガティブですけど、歌に関することはけっこうポジティブなところがあるかもしれないです。

――ネガティブさは全然感じません(笑)。

 いや、家で一人だったら凄いですよ…最近は『ザ・ノンフィクション』という番組を観ています。色んな人の人間模様を見るのが大好きなんです。「こういう生き方をしている人もいるんだな」とか。落ち込むときはより観るんですけど。「私はこんなちっぽけなことで悩んでたんだ」と思って安心して寝るんです(笑)

――ちなみに何に悩むのでしょうか?

 音楽のことでもそうですけど、一番は恋愛で悩むことが多いです(笑)。恋愛体質でして(笑)。だから今回のアルバムにも恋愛の曲を入れて。自分って思ってた以上に恋愛体質みたいで…。だから人の恋愛話を聞くのも大好きだし。

――恋愛って何なのでしょうね…。

 それを言い出したら長くなりますけど、生きる生物の魂のひとつというか、生きているうえで楽しめるものというか、絶対不可欠なものじゃないでしょうか。

――確かにそうですね。先ほど、前向きに寄り添いたいと言っておられましたが、なぜそう思ったのでしょうか?

 インスタグラムで色んなコメントを頂いたことがきっかけです。お会いしたこともなくても、その方の元気やパワーになっていることが嬉しくて。そういう存在でいたいと思いましたし、全てに寄り添いたいと思いました。

――曲は自分のためではなく、ファンのために歌うもの?

 自分のことを100%書いてしまうので、自分のために書いているような部分もあります。「めっちゃ寄り添いたいから、こういう曲を書こう」とか、「共感するだろう」とか、打算的な思いでは書きたくなくて。自分が経験して思ったことを書いて、それが共感を頂けたら嬉しいです。

――となると、もっともっと色んな経験をしていって?

 はい。嫌なことも良いことも。

――ライブで全国に行くということは、直接ファンに届けるということだけではなく、各地の様子なども自分のなかにインプットしていく?

 そうですね。あとインプットとしてはめっちゃ人と会います。友達とか家族もそうですし。一人が嫌いなんです。例えば友達と会う時間が2時間空いたら凄く寂しくなるんです。

――常に人恋しいのですね。

 そうなんです。3人兄弟の末っ子なので(笑)。

――確かに末っ子っぽい感じがします。最後に、今後どのように活動していくのかという点をお願いします。

 音楽は続けたいです。前は「どこどこでライブをする」というのが夢だったんですけど、それだけじゃなくて「ずっと音楽をやっていきたい」というのが夢になって。ずっと歌い続けるなかで、聴いてくれる人が増えていったら嬉しいし、もっと聴いてくれている人たちが嬉しいと思うことをいっぱい発信していきたいなと思います。

――それはインスタで直接コメントなどをもらうようになって実感したということでしょうか?

 そうです。歌い続けるということは凄く難しいんじゃないかと最近思ってきて。ずっと有華というアーティストとして歌を届けられたらいいなと思います。ずっと歌を発信し続けるアーティストでいたいです。

――年齢を重ねるにつれて視点を変えていかなければいけないということもある?

 この先の人生は色んな出来事が待っていると思います。その度に私が感じたことを発信していきたいし、それをずっとやり続けたいというか、止まりたくないというか。一人の人間として生きていられるのは幸せだと思いますし、こうして歌えているということはすごく幸せなこと。歌えるだけで幸せです。

有華

有華

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。