広瀬すず

 広瀬すずの赤ちゃんを“おんぶ”したショットが話題を呼んでいる。NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』のオフショットのようで、「お母さんの顔になってる」などと反響が起きた。

 29日に自身のツイッターを更新した広瀬。「おんぶしてお散歩したりしてたら 寝ちゃってさ。かわいくてさ」とのコメントを付けて、一枚のショットを公開した。

【写真】話題になっている広瀬すずの赤ちゃん“おんぶ”ショット

 広瀬が公開したショットは、赤ちゃんを“おんぶ”した自身を横から撮影したもの。目をつむって眠っている赤ん坊を背に、広瀬はやさしい笑みを浮かべている。

 NHKで放送中のドラマ『なつぞら』で主人公・なつを演じている広瀬。現在は、愛娘の優を授かり、仕事と育児に奮闘する姿が描かれている。今回公開したショットは撮影中の一コマと思われ、広瀬の笑みに充実した様子が伝わってくる。

 このショットへの反響は大きく、公開から5時間ほどで「いいね」の数は4万5千件を超えた(30日朝時点で7万件)。ファンからのメッセージでは、「本当のママみたい」「お母さんの顔になってる」「顔がままだよ(笑)」「すず母さんの背中、気持ちいいのね」などと、広瀬の母親ぶりに称賛の声が相次いだ。

 広瀬が主演を務める『なつぞら』は4月1日にスタート。戦災孤児の少女・奥原なつが、北海道・十勝の大自然で成長し、上京後に草創期の日本アニメの世界でたくましく生きる姿を描いた作品だ。

 今回公開された“赤ちゃん”は、現在すでに子役の増田光桜が演じている。ファンからは「母性 演技に出てましたよ! 凄く 感じました!」「母親の役、お似合いですね お若いから、難しいと思っていました」などの声も挙がり、広瀬の母親役に感嘆する視聴者は多いようだ。

この記事の写真

記事タグ