デビュー7年目となる歌手の杜このみが28日、東京・鳩森八幡神社で9月4日に発売される8枚目のシングル「王手!」のヒット祈願をおこなった。「紅白歌合戦に初出場させていただけるように、大ヒットに繋がるように」と祈願した。

 「王手!」の作曲は、平成18年9月26日に73歳で逝去した作曲家・市川昭介さんによるもの。その市川さんの遺作が発見され、楽曲に感銘を受けた作詞家の多手石松観氏が、市川さんが生前好きだった将棋界をテーマにした詞を完成させ、市川さんの関係者から、若手演歌歌手で最も勢いのある杜このみに歌ってほしいとオファーしたもの。

 囲み取材に応じた杜は楽曲「王手!」について「メロディが素晴らしくて、この作品を私に歌わせて頂きたいと思った」と明かし、特に2番の歌詞が凄く気に入っていると語った。

杜このみ(撮影=平吉賢治)

 レコーディングでは「自分の人生の全てをぶつけようと思ってレコーディングをしました」と、本曲に賭ける想いを語り、師匠からは一発目で「これでOKだ」という言葉をもらったという。

 ファンと一緒におこなわれた祈願については「もの凄く神聖な雰囲気で、ファンのみなさんと一緒にヒットを願ってくださったのが心強くて、『これは大ヒット間違いない』という力強い気持ちになりました」と、笑顔を見せた。将棋の名曲といえば村田英雄の戦後初のミリオンヒットとなった「王将」だが、杜は「『王手!』で令和初のミリオンヒットを目標に頑張りたい」と目標を掲げた。

  また、「王手!」の題字は将棋界のレジェンド、歌好きで知られている「ひふみん」ことプロ棋士の加藤一二三氏が手掛けた。加藤氏が手掛けた「王手!」の題字について杜は、「おおらかで力強い人柄が表現されていて凄く嬉しい」と、満足げな笑顔で語っていた。

杜このみ(撮影=平吉賢治)

 「紅白歌合戦に初出場させていただけるように、大ヒットに繋がるように」と願いをかけ、「紅白の他に“王手”をかけたいことは?」という問いに対し杜は、「演歌といえば杜このみだよねと認められるように、本格演歌歌手に王手をかけたいです。演歌歌手というのは年齢を積み重ねると演歌が似合ってくると聞いていたので、やっと30歳を迎えて本格的な演歌歌手になれるのかなという気持ちになりました」と、30歳という節目に演歌歌手としてのこれからの大きな道しるべを言葉で表した。

 そして杜は、「『王手!』は聞くたびに凄く勇気が湧いてくる曲なので、『これから勝負』という瞬間に聴きたくなる曲と感じました。この曲を聴いて『勝負を頑張ろう』という気持ちになってもらえれば嬉しいです」と、聴き手に対しての前向きなメッセージを伝えた。【平吉賢治】

記事タグ