劇団EXILEが26日、都内で、初の全メンバー出演、プロデュースの舞台『勇者のために鐘は鳴る』の製作発表会を開催。同舞台は2020年1月24日~2月2日に東京・TBS赤坂ACTシアターで、同年2月13日~16日に大阪・梅田芸術劇場メインホールでおこなわれる。鈴木伸之は「見たことの無いような舞台にしてお客さんに楽しんで頂きたい」と意気込んだ。

 劇団EXILEは、EXILEパフォーマーを中心に2007年に旗揚げ。2009年から4回に及ぶオーディションを経て青柳翔、秋山真太郎、小澤雄太、鈴木伸之、町田啓太、小野塚勇人、SWAY、八木正康、佐藤寛太の9人のメンバーで活動している。それぞれが舞台、ドラマ、映画などに出演し活躍している。

 『勇者のために鐘は鳴る』は、ゲームの世界に迷い込んだ男9人が元の世界に戻るために勇者となりモンスターを倒していく物語。現実の世界でそれぞれ悩みを抱えていた9人だが、冒険の中で本当に大事なものに気づいての成長を描く。今回初めてメンバー9人全員揃っての共演、初プロデュース舞台となる。

 2020年は6年に一度LDH主催の総合エンターテインメントの祭典『LDH PERFECT YEAR』が開催される。これに合わせた今回の舞台。秋山は「劇団EXILEができて来年13年になりますが、この9人で舞台をやるのは初めてです。来年『LDH PERFECT YEAR』がおこなわれるということでそのスタートで舞台をやらせて頂けたらということでメンバー発信で決まりました。最後まで能動的に関わって皆さんに楽しんでもらえたら」と今回の舞台製作の経緯を話す。

 青柳は「それぞれが活躍してきたことを活かしていい舞台にしていきたい」と言い、鈴木は「9人で舞台をやるのは初めてで楽しみにしています。脚本も初めてで週に1、2回集まって意見交換していてすごくいいものができそうです。個人的には『歌姫』以来、6年ぶりの舞台になるので足がすくんでいます(笑)」と語る。

 小澤も「色んなディスカッションをやる中で、舞台久しぶりのメンバーもいるのでそういうのは感じさせないようにコミュニケーション取りながら連係プレイをできたら」と言い、八木は「基本的に個々の活動が多いので、今回はせっかくやるんだったら稽古も楽しくやっていきたいです」と9人での初舞台に臨む。

 初のプロデュース舞台となる今作。鈴木は「僕らは表舞台に立つ側なので、脚本の知識もあまり無いものですから毎日とんでもない意見が飛び交っているんです。そういう考えたことがない人たちが考えた舞台だからこそ、新しいものになるんじゃないかと思いますし、見たことの無いような舞台にしてお客さんに楽しんで頂きたいと全員思っています」と彼らだからこその強みを活かした舞台となると自信を見せる。

 町田は、舞台について「全員がまったく違った個性をもっているので、それが全面に出たそれぞれキャラクターになるだろうしそれを楽しみにして欲しいですし、エンタメ要素を強く出したいという強い思いがあります」とエンターテインメント要素の強い舞台となる模様。

 SWAYは「僕もアーティスト活動していますし、9人で見せれるエンターテインメントの力はすごく幅広いと思います。本当に見たことの無いような、僕たちにしか作れない舞台を作れたらなと思います」と意気込む。

 また、佐藤は「アクロバット、パルクールには個人的にすごく興味があるので何か舞台に活かせたらなと考えています」と具体的な案もある様子。

 『LDH PERFECT YEAR』について、青柳は「僕たちはお芝居、舞台として『LDH PERFECT YEAR』に携われて誇りに思っています。皆さんを楽しませれるように頑張りたい」と言い、町田も「アーティストの皆さんに負けないくらい、僕らもドームに立っているくらいのエネルギーを持って、頑張っていきたい」と劇団一丸となって取り組んでいくことを誓った。

 発表会後は報道陣による囲み取材にもメンバーは応じた。

 舞台のタイトルからメンバーがゲーム好きなのか尋ねられると、小野塚は「ドラクエ(ドラゴンクエスト)シリーズ全部やっていますし、メンバーで(ゲームの)ソフトごとにLINEグループもあって一緒に楽しんだりしています」とメンバーはゲームに普段から興じていると明かす。

 今回が9人での初舞台。舞台以外にもやりたいことについての質問には「キャンプがやりたい」と言い、鈴木は「LINEのグループトークで『みんなでキャンプ行きませんか?』と送ったんですけど、既読スルーされてひっどいグループだなと思いました(笑)」とエピソードを明かす。

 今後チャレンジしたいことについて聞かれると、鈴木は「英語を1日4時間くらい勉強していて、テレビもCNNしか観ていないんですよ」と現在英語を猛勉強中であるという。小野塚は「先日サーフィンをやって、楽しかったのでサーフィンをやっていきたいです」と話す。

 八木は「9人全員でバラエティー番組に出たい」と言い、小澤は「9人いるんで野球チーム作って試合がしたい」とメンバー全員でやりたいことにも話が膨らんだ。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ