THE ORAL CIGARETTESやフレデリックが所属するMASH A&Rが主催する『MASH A&R Presents「MASHROOM 2019」』が8月14日、東京・新木場STUDIO COASTで開催された。FRONTステージとLEFTステージの2つのステージでTHE ORAL CIGARETTES、フレデリック、LAMP IN TERREN、パノラマパナマタウン、Saucy Dog、YAJICO GIRL、ユレニワの7バンドが競演。MASH A&Rと音楽シーンの未来をつなぐ熱いステージを繰り広げた。全バンドのステージの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES(撮影=ハタサトシ )

 トップバッターはMASH A&Rの中でフレデリックとともに最年長で、メジャーデビュー5周年を迎えたTHE ORAL CIGARETTESがFRONTステージに登場。昨年はトリを務めた彼らがトップバッターということで、恒例の4本締めからフロアは早くもクライマックスのような状態になっていた。オープニングを飾ったのは「接触」だ。オーラルの攻撃的な部分を剥き出しにしたナンバー。「仲良しこよしをしに来たわけじゃない」という山中の言葉から「STARGET」「嫌い」と畳み掛けていく。

 山中拓也(Vo.Gt)は「最初からグチャグチャにしにきました――」

 この言葉に湧き上がる歓声。最高のシンガロングが会場を包み込んだ「DIP-BAP」でオーディエンスを煽情すれば、間髪入れずに「カンタンナコト」でオーディエンスは体を弾ませ、放たれるビートに身を委ねヒートアップしていく。約30分のステージということでペース配分、バラードで展開を作る、そういった流れを作らずここまでアップチューンで血が沸き踊るような、熱狂のセットリスト。昨年彼らがリリースしたアルバム『Kisses and Kills』のKILLの部分をフィーチャーした展開。

 ラストスパートの「BLACK MEMORY」は歌詞の言葉にある、<どうなったっていい>、<限界突破見せてやるさ>とまさにそれを体現するかのような盛り上がりを見せた。山中はステージ最前で、クラウド・サーフィングで人並みを流れてくるオーディエンスを迎え撃つように歌い上げ、ラストは狂気的な空間を作り上げ「PSYCHOPATH」。これ以上ないスタートダッシュで、これから登場する後輩たちを煽るような圧巻のパフォーマンスを見せた。貫禄すら感じさせる歌と演奏は、付け入る隙を全く与えぬまま約30分のステージを駆け抜けた。

セットリスト

01.接触
02.STARGET
03.嫌い
04.DIP-BAP
05.カンタンナコト
06.BLACK MEMORY
07.PSYCHOPATH

ユレニワ

ユレニワ(撮影=Masanori Fujikawa)

 LEFTステージの1組目は4人組ロックバンドのユレニワが登場。「今からやるのはユレニワのライブであり、日本の音楽の新しい幕です」とシロナカムラ(Vo.Gt)。自分たちの音楽への自信とも取れるMCから「重罪」で初の『MASHROOM』のステージはスタートした。様々な感情が交差するような歌とバンドサウンド。静かに燃え上がるような、内に秘めた熱いものを感じさせてくれた。

 4つ打ちの乗れるビートにスペーシーなサウンドが心地よい「Hello Glow」は、絡み合うシロナカムラと種谷佳輝(Gt.Cho)のツインギターが印象的だった。「缶詰」からギターのフィードバック音に耳を奪われるように始まった「アパート」は、ユレニワの持つ魅力を感じることが出来た。抑揚をつけたアレンジはドラマチックに歌詞の情景を鮮明に届けていく。

 「人に対してのラブソングだけじゃなくて、音楽そのものに愛を伝えたい」と「バージン輿論」は、そのアグレッシブな音と、感情をむき出しにした熱い歌声で会場を席巻。ラストはユレニワの世界観に惹き込んでいく「PLAY」はそのタイトルからも連想させるような遊び心を感じさせる曲でフィニッシュ。多大な期待感と爪痕をしっかりと残しステージを後にした。

セットリスト

01.重罪
02.Hello Glow
03.缶詰
04.アパート
05.バージン輿論
06.PLAY

記事タグ