飯豊まりえが、横浜流星との2ショットを公開した。半袖の制服姿でカメラに収まった2人は爽やかな笑顔。ファンから大きな反響の声が挙がり、横浜の左腕にも注目が集まっている。

 21日に自身のインスタグラムを更新した飯豊は「#いなくなれ群青」とのハッシュタグを添え、「七草」とコメント。横浜との2ショット写真を公開した。

 9月6日から公開される横浜が主演を務める映画『いなくなれ群青』で共演する飯豊。同映画は作家・河野裕さんのシリーズ累計100万部の青春ミステリー小説を映像化したもので、幻想的なストーリーが展開される作品だ。

 飯豊が公開したショットは、映画の中で着用している制服姿。飯豊の記した「七草」は横浜の映画の役名で、晴れた空のもと、2人は爽やかな笑顔を湛えている。

 このショットには大きな反響が寄せられ、綾野剛も「いいね!」ボタンを押すなど、アップから6時間ほどで4万5千件を突破している。

 ツイッター上には「ツーショットは『美』って感じ…」「爽やかで眩しく美しい二人」「この流星くんいいね 高校生っぽくはなってるけど端々から色気が漏れちゃってるよ」などの称賛が寄せられ、「えぇ…? 距離感…えぇぇぇぇ…」と2人の“密着度”に興奮するコメントも挙がった。

 さらに、画像の中で左腕を前に出している横浜。「流星くんの、やっぱり男の人なんだなぁという腕」などと″腕″に注目したコメントも多く、あらためて横浜の男らしさを感じ取るファンも多く見られている。

 飯豊はまた、インスタグラムで同映画の柳明菜監督や風景ショットなどもアップ。映画公開が間近に迫るなか、自身も待ちわびる心境かもしれない。

記事タグ