東京スカパラダイスオーケストラと西田敏行がコラボレーションを果たした。9月27日公開画の映画『任侠学園』の挿入歌に、西田敏行が歌う「また逢う日まで」に決まった。同映画の主題歌「ツギハギカラフル」を書き下ろしたスカパラは同曲で西田とコラボ。スカパラは「憧れの人!」と“競演”を喜び、西田も「彼らの音楽に触れて、いつもリズムに乗って体をスイングしてます」と絶賛している。またこれに合わせてリハーサル風景が収録されたPV映像を解禁された。

 社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏氏による人気小説「任侠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で映画化。第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任侠学園』の公開が9月27日に決まった。

 西島秀俊と西田敏行がW主演を務める本作を、大ヒットドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズ(18、16/TBS)や「民王」(15/テレビ朝日)など数多くの人気ドラマや『劇場版 ATARU』(13)を手がけた木村ひさし監督が手がけ、主演2人を支える阿岐本組の組員を担う、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基や、阿岐本組が理事となって再建を図る高校の生徒として、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子が出演。

 更に、生瀬勝久、中尾彬、光石研、白竜、高木ブー、佐藤蛾次郎ら、超個性的でパワー全開な豪華ベテランキャストが「若者には負けられん!」とスクリーン狭しと大暴れしている。

東京スカパラダイスオーケストラ×西田敏行

 主題歌を担当するのは、“東京”という名を30年背負い続け、日本が世界に誇る奇跡のバンド、東京スカパラダイスオーケストラ。本作の主題歌「ツギハギカラフル」を書き下ろし、何重にも重なる軽快なサウンドが、個性豊かなキャラクターたちをカラフルに彩っている。

 そんな東京スカパラダイスオーケストラと本作で阿岐本組の組長を演じる西田敏行という奇跡のコラボが実現し、挿入歌「また逢う日まで」も手掛けたことが明らかになった。そして、リハーサル風景が収録されたPV映像を解禁された。

 PV映像では、西島扮する日村をはじめとする阿岐本組の面々が商店街へ挨拶回りに行ったり、助けを求められ走りまわる姿のほか、阿岐本組が再建へと奔走することとなる学園の生徒たちを演じた葵、桜井、葉山それぞれが苦しみや悲しみで葛藤するシーンが映し出される。西田のすべてを包み込むような歌声が本作により深みを与え、生徒たちの葛藤する姿に「なぜかさみしいだけ」「なぜかむなしいだけ」といった歌詞がリンクし、心により響く映像に仕上がっている。

 お互いの印象についてスカパラは「小さい時からテレビの中の人というイメージで今も活躍されていて半世紀くらいずっと憧れの人! 実際にお会いすると存在感がすごかったし、すごく緊張した!」と、憧れの存在と共演できたことに喜びを爆発させた。

 西田は「実際に会うのは初めてだが、彼らの音楽に触れて、いつもリズムに乗って体をスイングしてます」と語った。

 PV映像内に収録されたメイキングでは、スカパラの演奏に合わせて、西田がこぶしを効かせながら情熱的に歌い上げるリハーサル風景が収録されているが、演奏が終わるとスカパラメンバー総立ちで拍手が沸き起こり、スタジオは大盛り上がりを見せたという。

 初収録後のインタビューでスカパラは「西田さんの包容力がある声で、大きく包み込むような愛情が感じられる歌になれば」と語り、西田もスカパラとの共演に「震えがくるくらい興奮した。相乗効果で、ひとつ上のポテンシャルを発揮できた!」とお互いがリスペクトし、高め合って収録に望めたことを伺わせた。

 ビックなコラボレーションで作り上げた挿入歌「また逢う日まで」は全世代の心に沁みるものとなること間違いなし!「人情」という本作の重要なテーマを観た人により濃く伝えてくれる楽曲となっている。

 ※任侠学園の「侠」の正式表記は旧字体。

記事タグ