BOYS AND MEN・祭nine.らが8月17日、愛知・日本ガイシアリーナの競泳プールで「ドキッ! 下剋上 男だらけの水泳大会」を開催した。

 今年で第2回目となるこの水泳大会。「ドキッ! 下剋上 男だらけの水泳大会」と題し、所属する男性グループBOYS AND MEN、祭nine.、BOYS AND MEN研究生、名古屋、東京、関西、福岡の地域ごとのメンバーで結成されたエリア研究生たち総勢34名が出場し、肉体美あふれる水着姿で、ガチンコ勝負の様々な競技にチャレンジした。

水泳大会のもよう

 競技は第一競技から第五競技まで行われ、各種目、勝つだけではなく面白さも競うという、各メンバーの真剣勝負で会場を沸かせた。祭nine.の寺坂、野々田は第三競技「真剣!出しろ争奪25mレース」でそれぞれ1位をとり、第五競技「争奪!紅白旗取り合戦」では高崎がウォーターフロントの中央でヨガを披露し会場を盛り上げ、寺坂は相手陣地の旗をいち早く獲得し大活躍、点数に大きく貢献した。

白熱した最終種目のガチンコリレー。紅組のリーダーである辻本達規(BOYS AND MEN)と、白組のリーダー勇翔(BOYS AND MEN)がメンツをかけてアンカーを務め、接戦を繰り広げて最後に勝利を奪い取ったのは、去年同様に白組であった。

 祭nine.の寺坂は、「僕のチームの赤組は今回残念ながら負けてしまいましたが、先輩方をはじめ、後輩のみんなと協力して勝利に向けてチーム一丸となれたこと、僕自身も競技で結果を出せることができてとても嬉しく思います。一生懸命頑張ったこの気持ちを今後の活動にも活かしていきたいと思いますので、これからも応援のほどよろしくお願いします!」と語った。

水泳大会のもよう

 祭nine.は、5月1日に開催された令和元年初となる日本武道館ライブを収録したDVDを、9月18日に発売する。メイキング特典映像は、OVERTURE「BEGINNING」の撮影や、日本武道館ライブに向けての稽古に密着。日本武道館ライブのバックステージの模様を収録している。

記事タグ