川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)らが19日、都内でおこなわれた、映画『HiGH&LOW THE WORST』(10月4日公開)最速プレミア試写会レッドカーペットセレモニーに出席した。

 『HiGH&LOW』シリーズと『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)とのクロスオーバー作。鬼邪高校VS鳳仙学園の頂上決戦の裏で進むアナザーストーリーが描かれる。

 この日はレッドカーペットがおこなわれた。ファン400人が詰めかけるなかその間に敷かれたカーペットを歩く面々。歓声を浴びながらそれぞれ決めポーズを見せる。

 鬼邪高校の頂点を目指す天真爛漫なムードメーカー・花岡楓士雄役を演じた川村壱馬は、LDH内で『HiGH&LOW』プロジェクトが立ち上がったという5年ぐらい前からHIROなどに「作品に関わりたい」と直訴していたという。

 また『クローズ』自体も「好き」で中学の頃から見ていたといい、家族や友人には「『クローズ』の映画に出る」と語っていたという。

 そんな夢がこうして叶い「夢の舞台に、しかも主人公として出られることが嬉しい」と喜んだ。

 この日は、川村壱馬ほか、志尊淳、山田裕貴ほか、前田公輝、吉野北人、神尾楓珠、白洲迅、中務裕太、小森隼、龍、鈴木昂秀、一ノ瀬ワタル、葵揚、小柳心、荒井敦史が出席した。

記事タグ