星野源、高畑充希

 星野源、高畑充希が17日、兵庫県姫路市内で、映画『引っ越し大名!』(8月30日公開)公開直前凱旋イベントをおこなった。

 映画は土橋章宏氏の時代小説『引っ越し大名三千里』が原作。参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題をテーマに、星野演じる引きこもりの侍・片桐春之介が「引っ越し奉行」に任命され、姫路藩士たちとともにあらん限りの知恵と工夫でお国の一大事を乗り越えようと奮闘する笑いと感動の物語。『のぼうの城』を手掛けた犬童一心監督がメガホンをとった。

 この日は、物語の舞台であり、実際の撮影がおこなわれた兵庫県・姫路城に、主人公の引きこもり侍・片桐春之介を演じる星野源と、春之介に引っ越しを指南する於蘭を演じる高畑充希が凱旋し、イベントを実施した。

星野源、高畑充希

 ロケ地でもある姫路城を背に、星野と高畑が登場すると、会場からは熱烈な拍手が送られた。星野は「今日のイベントは姫路城前ということで、とても景色がいいですね! 撮影でも姫路に来ていたので、高畑さんとも懐かしいねという話をしました」、高畑は「ちょうど今くらいの時期に撮影していたので、撮影時に戻ったような気分になりました」と挨拶。

 また、本作の公開が近づいてきた今の気持ちを聞かれると、星野「すごくいいものができたので、早く観ていただきたいという気持ちがあります。」、高畑「観た人が気持ちよくなれる、爽快でハッピーな内容になっているので、夏の終わりの1本として早く観てほしいなと思っています」と述べた。

 星野演じる春之介らが人手もお金もない中で国替えという超難関プロジェクトに挑む本作のテーマに合わせ、挑戦してみたいと思っている超難関プロジェクトは? という質問に、星野は「船の免許をとりたいです。1年以上勉強しているのですが、なかなか進まなくて…。試験を受けるレベルにならないんです」と明かした。ちなみに星野は今年5月におこなわれたイベントでも船舶免許を取りたいと話していた。

 一方の高畑も「海外旅行に行くのが好きで英語の勉強をしているのですが、本場のミュージカルのジョークも分かるようになりたい」と明かした。

姫路工業高校應援團からエール

 ここで、超難関プロジェクトを乗り越えた経験を持つ姫路工業高校應援團が登場。姫路工業高校應援團は、2017年に団員が団長一人だけになってしまい、事実上活動休止状態に陥ったのだが、一人で諦めることなく奔走した結果、歴史ある応援団を復活・存続させた、言わば超難関プロジェクトを乗り越えた経験者。そんな姫工應援團から、劇中で、また現在も超難関プロジェクトに挑んでいる星野、高畑へエールを送るパフォーマンスが披露された。

 エールを贈られた星野は「ありがとうございます! 初めて間近で応援を見たので感動しましたし、素晴らしいですね! 演奏も素敵でした! みんなカッコいいです!」と興奮気味。

 さらに、姫工應援團の功績をたたえ、星野・高畑が『引っ越し大名!』の応援奉行に任命することに。2人からは姫工應援團へ任命記念のたすきが渡され、本作の応援奉行と固い握手を交わし、姫路凱旋イベントは終了した。

共通点はAB型の一人っ子

 続くアースシネマズ姫路でおこなわれた舞台挨拶付き先行上映会では、姫路での”初”の上映会ということもあり、星野と高畑が登壇すると、温かい拍手と大きな歓声が上がり、会場のボルテージは最高潮に。久しぶりの姫路凱旋に、星野は「撮影の時は朝から晩までやっていたので、姫路を満喫できなかったんです。なので、今日が一番満喫できています!」とコメントし、会場は笑顔に包まれた。

 撮影時の思い出を聞かれると、星野は「春之介は着物も着崩れていいし、ゴロゴロしていていいし、自由に演じることができました。特に準備をするわけでなく、すんなり春之介になれた気がします。あと(濱田)岳ちゃんのアドリブや演技が面白くて、上司役から怒られるシーンが多い中で、コメディ的な部分を一緒にできたのが楽しかったです。撮影中も(高橋)一生くんと岳ちゃんがずっとふざけながら、じゃれていましたね」と和気藹々とした現場であったことを語った。

 また今回乗馬に初挑戦した高畑は「馬に乗るのが初めてで、練習する時間もあまりなくて。本編でのシーンが最初に撮った1回なんです」と本番での強さが分かるエピソードも明かされた。

 一緒に超難関プロジェクトに挑むという役柄であったお互いの印象を聞かれると、高畑は「源さんとはこの現場でちゃんとお話しできました。源さんは憎いな~という人です(笑)。1人1人のことをちゃんと見てくれていて、みんなをハッピーにしてくれる方だと思いました」、星野は「(高畑は)話せば話すほど楽しい方だと思いました。撮影中もご飯に行ったり、明日も撮影を頑張ろうと言い合って、とても支えてもらいました。ありがとうございました」とお互い感謝を述べ、微笑ましい一幕も。

 さらに星野は、「僕は松重さんとこの作品で初めて出会って、親友と出会えたなと思えました。移動中もずっとメールでやりとりしていて、現場で恋に落ちたみたいな気持ちで(笑)。共通点はAB型の一人っ子ということだねと話していました」と語ると、高畑が「私も実はAB型の一人っ子なんです」と告白し会場からも拍手が。撮影時の和やかな雰囲気が垣間見える舞台挨拶となった。

 最後に、高畑は「今日は本当に来てくださってありがとうございました。誰がみても楽しめるポップな映画になっていると思うので、違うお友達を連れてまた映画を観ていただけるといいなと思います」、星野は「今日はありがとうございました。姫路のシーンもたくさん出てきますし、もし気に入っていただけたなら宣伝をしていただけると嬉しいです。小さい子からお年寄りの方まで楽しんでいただけると思うので、たくさんの人を連れて映画を盛り上げていただけたらと思います」と締め、大盛り上がりのまま舞台挨拶は幕を閉じた。

記事タグ