三吉彩花が16日、都内でおこなわれた主演映画『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶に登壇。撮影中に自信を失ったという三吉は、矢口史靖監督から「僕の目には狂いはなかった」と労いの言葉をかけられ、涙を流した。

 映画は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督の最新作。「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマに、ある日突然、音楽を聴くと勝手に歌い踊ってしまう催眠術にかけられた、ミュージカル嫌いの静香(三吉彩花)の姿を描いたコメディ・ミュージカル。日本に先行して海外で公開され、第23回モントリオールファンタジア国際映画祭で観客賞を受賞している。

 この日、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、そして矢口監督とともに登壇した三吉。撮影中のエピソードが語られイベントも終わりを迎える頃に、主演を務めた三吉に監督からサプライズのメッセージ。

 このなかで監督は「オーディションで僕だけが三吉さんでいけると思った。みんなは違ったけどあなたなら絶対にこの役をやれます。保証します。安心して現場に来てください、と言ったけど、あれは安心してほしくて言ったでまかせです。本当は何の根拠もなくて、ただの勘でした。でも今なら言えます。僕の目には狂いはなかった」と伝えた。

三吉彩花

 監督の言葉を聞いていた三吉は「オーディションをしたけど自信がなくて、手ごたえはなかった。でも監督が私で行きたいと言ってくださって。でも、ほかの方々は不安だったという話を撮影している途中で聞いて。そこでもう1回、自信を無くしまして、撮影が始まっていましたけど…」と語ると、溢れた涙が頬を伝った。

 「どうしよう、こんなはずじゃなかったのに…」と目元や頬に指をあてる三吉。気持ちを落ち着かせ、改めて「…撮影が始まっていて、撮り終わっているシーンも結構あって、これが日本のミュージカルとして発信していくのは大丈夫だろうか、と自信をなくしたんですけど、そういう(監督の)言葉を聞けて…。きょう公開ですし、朝から劇場に足を運んでくださった(ファンをいて)、インスタにも観に来たよとコメントを寄せてくれて、少しずつ自信に変わりつつあります」。そう言い終わるころには左頬にも涙は流れていた。

 改めて三吉は会場の観客に向かい、「わたしだけでじゃなくて、キャストの皆さまも暑い中、助け合って頑張って出来上がった作品。この作品はスタント、吹き替えナシで歌とダンスをしています。そういった頑張りをたくさん見て頂き、そして笑ってくれたら嬉しい」と思いを伝えた。

記事タグ