山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が14日、東京・和敬塾本館(旧細川侯爵邸)でおこなわれた、映画『二ノ国』(8月23日公開)トークイベントに出席。中高生から寄せられた悩みに三者三様のアドバイスを送った。

 コトナを巡るある出来事をきっかけに、現実の世界・一ノ国から、もう一つの魔法の世界・二ノ国へ迷い込んでしまった高校生の主人公・ユウと幼なじみのハルが、「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールのもとで葛藤する青春ファンタジー。製作総指揮/原案・脚本を日野晃博氏。監督を百瀬義行氏。音楽を久石譲氏が担当。映画化に至るまで10年もの歳月をかけ構想されたアニメーション超大作だ。

 高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公・ユウの声を演じるのは山崎賢人。ユウの親友の高校生・ハル役に新田真剣佑、そして2人の幼なじみでハルの彼女・コトナと、「二ノ国」エスタバニア王国のアーシャ姫の2役を永野芽郁が演じる。

山崎賢人と新田真剣佑

 この日、黄色声援に迎えられ登壇した3人。山崎と新田は公私ともに仲が良く、アフレコ4日目には2人臨む機会にも恵まれ「緊張せず良い空気感で臨めました」(山崎)、「今回は映る現場ではないのでオフの新田とオフの賢人で、『やあ、おはよう、さあやろうか』という雰囲気でした」(新田)と和やかな空間でおこなえたという。

 ただ、新田は「残念だったのは芽郁ちゃんとできなかったこと」と、永野とアフレコに臨む機会はなかったことを残念がった。

 一方、山崎とは初共演でこうして会うのもこの日が3回目ぐらいと語った永野は、劇中のユウとハルの親友関係をちなみ男の友情が語られるなかで「一つ言いたい」とし、山崎と新田のあまりの仲の良さに「私がいても二人でいちゃいちゃ。(二人だけが通じる内容で)何をしゃべっているか分からないし、そろそろふたりで話すのはやめてほしい」と注文。これに新田は「何を話しているのが覚えていないぐらいどうでもいい話をしているよ。暑いねとか」と返していた。

山崎賢人と新田真剣佑の仲の良さにこのあと一言。「私がいても二人でいちゃいちゃ…」

 また物語にちなみ親友と同じ人を好きになってしまったらという話題では、山崎は「恋愛って相手がいるものだから、相手がどうなのかが気になる。好きな人が友達とどっちが好きなんだろうと。ここ最近の取材で感じました。(親友に)譲るでしょと思うけど、相手(好きな人)次第じゃない」と持論を展開。これに永野は「もし相手が親友のことが好きだったとしましょう。そしたら諦める?」とツッコまれ、山崎は「これは永遠のテーマ」と苦笑いだった。

山崎賢人

 この日は、参加した中高生の悩みに答える場面も。ストレスで肉やご飯を暴食してしまうという悩みには、永野の芸能人からメッセージを送られたら頑張れるかも、という提案で山崎が「頑張って痩せようぜ!」と直接エール。その永野は「私はラーメンが好きだから食べるけど、週の1日だったら消化できるよ」と前向きなアドバイス。

 一方、後輩とどう接していいか分からないという悩みには、山崎が「しゃべりたくなければしゃべらなければいいんじゃない」と答えれば、永野は「いままで先輩がしてくれたことを思い返してやってみたら?」、新田は「ぼくは積極的にする。ご飯行こうよとか、うちに来なよとか」と三者三様のアドバイスを送り、励ましていた。

新田真剣佑

 ※山崎賢人の「崎」は正しくは、山へんに立に可。

記事タグ