andropが、9月11日から16日まで東京・伊勢丹新宿店本館6階催物場で開催される『ISETAN 靴博 2019』の公式アンバサダーに就任。テーマソングに「Kitakaze san」が決定した。内澤崇仁は「僕らは音楽を通じて『ISETAN 靴博 2019』を伝えたいと思います」と語っている。

 「靴博」は、“靴文化の発展”をテーマに、2015、16年にメンズ館地下1階のポップアップスペースで開催したイセタンメンズオリジナルの企画。日本のモノづくりにフォーカスをした靴の博覧会で、3回目となる今回は会場を本館6 階の催物場に移動し、規模を大きく拡大する。

 今回、andropの「ISETAN 靴博 2019」公式アンバサダーへの起用について、「作り出す音楽への熱意、繊細に組み立てられた曲構成、イメージや理想を実現するための技術やこだわりに深い感銘を受けたと同時に、革靴の世界における職人たちのモノづくりに対する想いや姿勢に似たものを感じて起用した」という。

 「テーマパーク」がテーマともあって、アップテンポな楽曲「Kitakaze san」(アルバム『cocoon』収録)がテーマソングに決定。「ニッチと言われている“革靴”の世界を、テーマパークのようにエンタテイメント溢れる会場とイベント・商品を通して多くの方々に楽しんでいただきたい」と語っている。

 なお8月29日発売のムック本にはandropメンバーの選ぶ靴や、内澤崇仁の対談なども掲載予定だ。

 来年1月に東京・人見記念講堂で10周年アニバーサリーワンマンライブ『androp -10th.Anniversary live-』を開催するandrop。アニバーサリーブック「Image / Word」androp 10th ANNIVERSARY BOOKの発売など、デビュー10周年を盛り上げる企画が続く。

内澤崇仁(androp)・コメント

「Kitakaze san」はイソップ寓話の「北風と太陽」をモチーフに、また違ったストーリーを描いた楽曲です。

構成はウッドベース、バンジョー、スライドギター、フィドルを取り入れたアレンジを施しました。

登場する「コツコツと靴を鳴らしながら歩く旅人」は、人生に疲れ立ち止まり、北風と出会うことでまた歩いていきます。

僕らの音楽もこの楽曲に描いた北風のように、聴く人にとってずっと寄り添えるものでありたいと思っています。

革靴のジャンルや時代性を包括する「シューズテーマパーク」という基調で開かれる会場も楽しみです。

靴に興味のある人も、そうではない人も革靴の楽しさや素晴らしさを再発見できる靴博。

僕らは音楽を通じて「ISETAN 靴博 2019」を伝えたいと思います。

記事タグ