スキマスイッチが13日、都内で『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)のライブイベントをおこなった。ドラマに次いで担当した同映画の主題歌「Revival」などを熱唱。ライブ後は、田中圭、林遣都、吉田鋼太郎らがサプライズ登場して沸かせた。

 同作は、モテない独身ダメ男・春田創一(田中圭)と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』の映画化。今作では、おっさん5人のラブ・バトルロワイアル開幕する。

 午後7時半に始まったライブ。常田真太郎の奏でるピアノを伴奏に、大橋卓弥は「短い時間ですけど、楽しんでいってください」と語り、まずは「藍」を優しく歌い始める。常田が奏でるピアノをはじめ、ドラム、ベース、ギターの編成。夜空に似合う、その歌に観客は酔いしれているようだった。

 歌い終えた大橋は、アコギを肩からかけて「さあそれでは、ドラマの時から担当させてもらいました主題歌をお届けしたいと思います」と語ると笑顔。その言葉に大歓声が巻き起こった。その歓声を受けたまま「Revival」を披露した。

 アコギを脱いだ大橋は「さあそれでは盛り上がりますか? 準備はできていますか? 知っている人は一緒に盛り上がってください」と呼びかけると「全力少年」。常田が印象的なイントロを奏でる。一気に華やかになる場内。リズミカルなメロディのなかで歌う大橋は、ステージ左右を行き来して手を振りながら歌う。大盛り上がりの中、最後はバンドメンバーが音を決めてライブは終了した。

大橋卓弥

大橋卓弥

常田真太郎

スキマスイッチ

常田真太郎

 ライブ後は、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎のキャストがサプライズ登場。ハイタッチで出迎えたスキマスイッチ。あまりの大歓声に大橋は「おっさんずラブ、すごい人気だね」を驚いた。

 舞台袖でスキマスイッチのライブを見ていたというキャスト。田中は「もう最高ですよね。スキマさんとはともにおっさんずラブを歩んできましたから、ずっと歌っていましたから」と袖で歌いながら楽しんでいたことを明かした。

 更に田中は「音楽の力の偉大さを知りました。映画の公開がもうすぐだお、みんな映画館に行ってみー」と呼びかけると、大橋は「本当に皆さん、劇場で楽しんでください。僕らの音楽は少しだけ支えさせて頂いていますけど、映画はめちゃくちゃ面白いですから、ぜひみなさん劇場で見てください」と語った。

記事タグ