田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎が13日、都内でおこなわれた、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)プレミアムトークイベントに出席。キャストたちによるサウンドバイツおよび全員揃ってのトークイベントをおこなった。おっさんずラブ公式で主要キャストがファンの前に揃うのは初めて。主人公の春田創一役を務めた田中圭は「ただいまです!」とあいさつするとどっと大歓声が轟いた。

 同作は、モテない独身ダメ男・春田創一(田中圭)と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』の映画化。今作では、おっさん5人のラブ・バトルロワイアルが描かれる。

 浴衣姿で登場した面々。人力車に乗って会場に登場すると大歓声が轟く。そして、サウンドバイツをおこなった。改めてメインステージに立つと、田中は「1年2カ月ぶりということで、ただいまです!」と笑顔で挨拶するとどっと大歓声が沸いた。続けて「きょうは浴衣を着てお祭り気分で出てきているので、みなさんも楽しんでください!」と呼びかけた。一方の吉田は「SNSなどを通じてみなさんの応援は伝わっていました。こうしてお目にかかれて嬉しい」と語ると再び歓声。林は「牧として終始、凛とクールでいようと思ったけど、(暑くて)汗が凄くて、だから止めます」とすると声を張り上げて「今日は楽しんでください!」と呼びかけた。

 田中は撮影を振り返り、「毎日楽しかったですよ、本当に。お泊りロケも楽しかったよね。初めて真面目な話もした」とすると、林は「楽しかったですよ。平成最後の満月の夜」と返すと、吉田は「俺泊まっていない。いつも2人は仲良くしているんだよね」と役柄と同じく、ジェラシーに感じているそぶりをしてみせた。

 そんな吉田が挙げた印象に残っているシーンはサウナ。田中と吉田、林、沢村、志尊が出ているというそのシーンは「すごく大変だったけど、すごくやり切った感があるシーン。ぜひいろんな意味でお楽しみにしてほしい」と含みを持たせた。

 新入社員・山田ジャスティスを演じる志尊淳。映画から『おっさんずラブ』入りしたが、撮影で洗礼を受けたという。「(吉田)鋼太郎と(田中)圭君の3人の芝居で…詳しくは言えないけど、鋼太郎さんのアドリブに度肝を抜かれました。面白いシーンになっています」と語った。

 キャスト陣がそれぞれ本作への思いを語る中、瑠東東一郎監督は「圭君とも話したけど、すごいものが撮れたなと。120%のすごい熱量のお芝居が撮れた。それで鋼太郎さんがクランクアップの時に『何一つ楽なシーンはなかった』と言っていて、僕もその通りだと思っていて、お笑いにしろ、愛情にしろ、何一つ楽なく演じ切って下さったので、作品を楽しみにしてほしいと思います」と呼びかけた。

 改めて田中は「ここにいらっしゃる方は40倍の倍率と聞いています。試写は250倍らしいです。それだけたくさんの方が楽しみにしてくだったということ。僕らも重々分かっていました。ドラマは7話を通してやり切った。でもみなさに支えられて成長して、1年2カ月、全員そろってパワーアップして本作が出来た。僕らの出来る全ての笑いと愛情を詰め込みました。やり切ったので、あとはみなさんのお力で、ドラマのようにもっと大きくなればもっと日本が温かくなる、愛情が溢れると本気で思っています。公開してからもお願いします」と思いを明かした。

田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎ら

田中圭、林遣都、吉田鋼太郎

林遣都

田中圭

吉田鋼太郎

記事タグ