森口博子が10日、パーソナリティを務める文化放送とBS11のコラボ・アニソンラジオ番組『Anison Days+』の公開生放送に出演。ゲストにアニメ『機動戦士Zガンダム』の主人公カミーユ・ビダンを演じる声優の飛田展男を迎え、トークをおこなった。また、森口のデビュー日である8月7日に発売した『GUNDAM SONGS COVERS』から生歌を披露。森口は「50代になって波が来たと思っています」と同作で8日付オリコンデイリーチャート2位を獲得したことを感慨深げに語った。

 『GUNDAM SONGS COVERS』は、今年『機動戦士ガンダム』シリーズの放送から40周年を迎えるにあたり、昨年放送されたNHK『発表!全ガンダム大投票』で361曲の中から投票で1位を獲得した1985年の森口のデビュー曲「水の星へ愛をこめて」をはじめ、「国民が選んだガンダムソング・ベスト10」を全曲カバー、セルフカバーし収録。『Anison Days+』では同作の発売を記念し、100人を抽せんで招待し番組初となる公開生放送をおこなった。

 収録前に、報道陣による囲み取材に応じた森口は「人格形成期に聞くアニソンは裏切らないと思っていて、楽しく収録しています」と番組について語る。生放送について「いつもしゃべり過ぎてカットされてしまうので、言ったもん勝ちのところもあって、ドキドキわくわくしています」と笑顔を見せた。

 普段からエゴサーチしているという森口。「“ガンダムの女神”と呼ばれていて背筋がのびる思いです」とガンダムへの想いを話す。

 オリコンデイリーチャートで2位を獲得した『GUNDAM SONGS COVERS』。森口は「(1位の)嵐と(3位の)A.B.C-Zにはさまれて、50代になって波が来たと思っています」とランクインを喜んだ。

 先日の小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルの結婚発表をはじめ、速水もこみちと平山あやなど結婚ラッシュが続いているが、結婚について尋ねられると「恋愛は邪魔です。今はデートしてる場合じゃない」と仕事への情熱を明かしながらも「次は結婚会見でメディア前に出たいです」と結婚への想いも述べた。

 飛田と森口はおよそ30年ぶりの再会。飛田は「いまだに変わらないトーンで歌えることに驚いています。以前の歌は世界が広がっていく感じだったけど、新しいバージョンは内へ内へと染み入る感じで進化していますよね」と森口の歌手としての成長ぶりにも驚いた様子。

 番組では、森口が『機動戦士Zガンダム』のシーンからカミーユの台詞を飛田にリクエストする場面も。飛田が迫力ある場面を演じると、会場も拍手に包まれた。

 そして、番組後半は森口が『GUNDAM SONGS COVERS』に収録されている「哀 戦士」「水の星へ愛をこめて」「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」の3曲で伸びのある歌唱を届けた。

 最後に、森口は「みんなと歩んで来た時間に救われています。懐かしさがありつつも明日に繋げていけるのがアニソンの素晴らしさだと思います」とこれまでのキャリアを振り返りつつ目に涙を浮かべながら、改めてアニソンの魅力について語った。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ