ラストアイドルが10日、東京・明治神宮外苑で開催の『神宮外苑花火大会』のオープニングアクトに登場。新曲「青春トレイン」を初披露した。

 歩く芸術を成功させたラストアイドルは現在、「バブリーダンス」で話題になった、大阪府立登美丘高校ダンス部コーチ・akane氏のもと、最高難易度のダンスに挑戦している。細かく複雑な振りのうえに圧倒的なスピードとキレが求められる。

 番組では悪戦苦闘の様子が映し出されているが、初お披露目となったこの日のステージではそれを感じさせない堂々としたパフォーマンスをみせ、会場を沸かせた。

 まだ青空がのぞく頃、真っ白な衣装を身にまとった44人が登場。まずは、“歩く芸術”の「団体行動」要素を取り入れた「大人サバイバー」を披露。続けて新曲「青春トレイン」を初披露した。

ラストアイドル

 運動量の高い振りに、スピードとダイナミックさが合わさったパフォーマンス。ステージの揺れも激しい。髪は乱れ、スカートの裾も舞う。そうしたなかにあっても一糸乱れない。そうしたポテンシャルの高さに場内からは大歓声。ラストアイドルの存在感を見せつけた。

 歌い終えたメンバーの額には汗。「最後まで楽しんでください」という挨拶も息を切らせながらだった。パフォーマンスの激しさは、肩を上下に揺らし呼吸する姿が物語っていた。

 しかし、ステージ去り際に見せた笑顔からは達成感が満ち溢れていた。

ラストアイドル

撮影=木村陽仁

記事タグ