生涯現役! 歌うたびに「命を頂いている」

――いまショッピングモールをまわっていて多くの方がいらっしゃってくれて泣きそうになるとブログで書かれていましたが、そういう光景は感慨深いものがある?

 ありますね。本当に号泣される方もいて…きっと色んな想いが楽曲にあると思うんです。作品の感動やアニメの物語の感動、そこには自分が生きてきた人生もあって、色んなことを乗り越えてきたいま、またその楽曲をここでお互いに響かせあえているという、アニメの持つ力ですよね。人格形成期に聴いたアニソンは絶対に裏切らないと私はいつも思っていて、どんな状況で聴いても、その当時の気持ちを連れてきてくれるし、いつまでも新鮮な気持ちで感動できるという。人生が詰まっていますよね。

――バンドだと解散があったりして生で聴けなくなってしまうことがありますが、森口さんの場合は歌手でい続けてくれたら聴けるじゃないですか? 他のインタビューで「水の星へ愛をこめて」について60歳まで歌い続けると話していましたが、歌手は一生続けていく?

 はい! 生涯発展途上の現役です!

――そのなかで目指しているものはありますか?

 私は触れ合いが大好きなので、日本全国色んな所で歌を届けたいです。ライブが生命線なので。凄くシンプルですけど、直接歌を届ける場所を増やしていきたいです。10代〜40代とシリーズ毎にガンダムを歌わせて頂いて、50代から80代になっても、ガンダムのテーマソングを歌っていたいでは無く、歌う。ライブでは、毎回ステージに立って歌わせてもらう度に「命を頂いている」と感じるんです。立つまでは準備が大変だったり精神的に大変だったりするんですけど、それがステージに立ったら全部流れていくし、また命を頂いたと。この共鳴を続けたいんです。生きていたら色んなことがあるじゃないですか? でも、何日も前から日程を押さえてくれたり、色々やりくりしてファンの方が来てくれる…生きる喜びや悲しみを、私の歌声を通じてお互い共鳴させて、明日のエネルギーに繋げてもらえたら嬉しいです。最大の居場所ですね。そこを輝かせます。

――最後に改めて今回のアルバムへの思いを聞かせてください。

 ファンの皆さんと出逢う事ができたデビュー曲のセルフカバー、そして人生を変えてくれた運命の作品ガンダムの楽曲カバー。何十年も必要としてくれているファンの皆さんへの感謝を。そして、40年間普遍的なガンダムという作品を創作し続けたスタッフの皆さんへリスペクトを込めました。普通のカバーアルバムとは意味合いが違います。こうして支えてくれたファンの皆さんと喜びを共有できることが凄く幸せです。1曲1曲噛み締めながら聴いていただける作品になったと思います! 届きますように。

森口博子

森口博子

(おわり)

GUNDAM SONG COVERS

CD収録内容
01 水の星へ愛をこめて / with 寺井尚子 (「機動戦士Ζガンダム」オープニングテーマ)
02 哀 戦士 / with 押尾コータロー (「機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」主題歌)
03 ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~ (「機動戦士ガンダムF91」主題歌)
04 BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ (「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」主題歌)
05 嵐の中で輝いて / with 田ノ岡三郎 (「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」 オープニングテーマ)
06 フリージア / with 塩谷哲 (「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディングテーマ)
07 JUST COMMUNICATION / with 猪野秀史 (「新機動戦記ガンダムW」オープニングテーマ)
08 めぐりあい (「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」主題歌)
09 Ζ・刻をこえて (「機動戦士Ζガンダム」オープニングテーマ)
10 RE:I AM / with TSUKEMEN (「機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」」主題歌)
11 宇宙の彼方で [Bonus Track] (「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」主題歌)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。