みんなの心境に寄り添えるような曲にしたい

Baby Kiy

――バックのサウンドにも注目してもらえると、また違った楽しみ方が出来そうですよね。さて、2曲目の「Hey Darling」はこれまでライブでしか披露されていなかった曲なんですよね?

 そうです。もう、私はこの曲大好きなんです。1年半前ぐらいに書いた曲で、歌詞はもっと前に書いていたものにメロディを乗せました。2つの片思いを描いた切ない曲なんです。是非、皆さんにこの曲を聴いてもらって、色々想像して頂けたらと嬉しいです。

――この曲は切ないラブソングですが、この曲を書いていたときはどのような心境だったんですか。

 聴いてくれた人の夢が覚めて欲しくないので、詳しい説明は敢えてしないです。読んだ時にみんなの心境に寄り添えるような曲にしたいんです。自分に当てはめてもいいですし、私がこういう気持ちで書いたのかなとか、色々想像してほしいし、答えがない方が面白いと思うんです。

――想像してほしいわけですね。「Hey Darling」をちゃんとレコーディングしたのも今回が初めて?

 プリプロでは録ったことがありましたけど、しっかり録ったのは今回が初めてでした。時期的には前のアルバムに入っててもおかしくなかったんですけど、全体のバランスを見たときに、合わないなと思って外してしまったんです。

――満を持しての収録ですね。続いての「Lazy Boy 」のMVはハワイで撮影されたとのことですが、いかがでしたか。

 もう、今回は弾丸でハワイに行ったので、撮影だけして帰って来てしまったので、全然オフがなかったんです。ずっとハワイでMVを撮りたいと思っていたので、夢が叶いました。現地の仲良しのフォトグラファーがビハインドスクリーンのようなオフショットを撮ってくれたりして、すごく楽しかったんですけど、海が目の前なのに全然入れなくて、ちょっと拗ねました(笑)。

――どんなMVに仕上がりましたか。

 ハワイの観光ビデオみたいにならないように気をつけました。キラキラな海と青空というよりは、ダウンタウンやローカルなお家を借りたりして、ハワイに住む1人の女の子のストーリーが描ければ良いなと思っていて、まだ完成していないんですけど、地元感が出ているMVになると思います。(取材日は7月中旬)

――ハワイはどこで撮ってもいい感じの画になりますよね。

 そうなんです。景色が綺麗なので、普通に撮ると観光ビデオになりがちだと思ったので、それも悪くはないんですけど、私は敢えてその真逆の感じにしたいなと思いました。

――「Don’t Let Me Go」は日本で撮影したとの事ですが、見所はどこですか。

 爽快感のある映像になっているところです。全体的に風を感じられる作品になっていると思います。ドローンを使って撮影もしたんですよ。

――ドローンは結構音が大きいと聞きますが、実際はいかがでした?

 本当に音が大きくて、近くでドローンが飛んでいると監督さんがこっちに向かって何か喋っていても全然聞こえないんです。あと、けっこう怖かったのと、ドローンの羽で起きる風が冷たくて(笑)。

――今回は愛犬のコーラルちゃんは連れて行かなかったんですね。

 1日でアーティスト写真とジャケット写真、夕方にMV撮影と過密スケジュールだったので、今回ラルちゃんはお留守番でした。もう、その日は本当に大変だったんです(笑)。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。