bird、曽我部恵一らが出演する音楽フェス『Dewar's Highball Crossing Festival』が8月10日~18日、東京・GINZA PLACE3階のパノラマスペースcommon ginzaで開催される。

 参加アーティストはbird、曽我部恵一、Michael Kaneko、大比良瑞希、関口シンゴ、大和田慧、西恵利香-acoustic duo-、久保田リョウヘイ、KRIS ROCHEなど総勢13組。それぞれのミュージシャンが日替わりで出演し「音楽の起源」をテーマに影響を受けた音楽やデビュー曲などを含んだセットリストでアコースティックライブをおこなう。

 同フェスは、バカルディ ジャパンが輸入し、サッポロビールが販売するスコッチウイスキーブランド「Dewar's(デュワーズ)」が主催するイベント。

 「起源」をテーマに、ハイボールの起源と言われる「デュワーズ」を味わってほしいとの思いから企画された。会場はデュワーズが1898年に操業したスコットランドのアバフェルディ蒸留所をモチーフにしたリゾート風空間で、芝生に寝転がれるスペースも併設。ゆったりとした雰囲気の中でアーティストのアコースティックライブと「デュワーズ12年」のプレミアムハイボールが楽しめる。

 また、美食家から高い評価を得る森枝幹シェフ監修によるスコッチエッグを提供。英国で昔から楽しまれてきた伝統フードを、現地の楽しみ方を意識しつつ、本場以上の味わいを目指してアレンジ。日本産の贅沢な食材に、スパイスやハーブをバランスよく調合しデュワーズハイボールに合う味わいに仕上げる。毎日数量限定となる。

記事タグ