8月16日(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、世界中から注目されている矢口監督最新作「ダンスウィズミー」。

 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口監督が構想16年、「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマにしたかつてないコメディ・ミュージカルがついに日本公開は間近だ。

 妻夫木聡、上野樹里、綾瀬はるか等をスターダムに押し上げた矢口監督が日本中のオーディションからヒロイン・静香に抜擢したのは、今最も輝く若手女優でモデルの三吉彩花。静香が出あうワケありのクセものたち=“こズルい調査員の渡辺”を今最も注目される俳優のムロツヨシが、“お金とイケメンに弱いフリーターの千絵”を本作で本格的に女優に挑戦したやしろ優が、“ワケありストリートミュージシャンの洋子”を本作で女優デビューを飾るchayが、“嘘くさい先輩エリート社員の村上”をミュージカル映画初挑戦の三浦貴大が、“インチキ催眠術師のマーチン上田”をミュージカル俳優のレジェンドである宝田明がユーモア全開で演じることも話題に。

 ある日突然、催眠術のせいで音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥ったミュージカルが何よりも大嫌いな静香。しかし、街に溢れる音楽に反応してしまい、踊れば踊るほど先が読めない予測不能な展開に。

 本格トレーニングを重ねてキャスト自らが吹替なしで挑んだミュージカルシーンと予測不能なストーリー、ハッピーな名曲に彩られた最高に笑える、かつてないコメディ・ミュージカルがこの夏を熱くする。

三吉彩花&三浦貴大が夜の公園で甘くトキメクダンスシーン解禁

三吉彩花、三浦貴大

 三吉彩花演じる、“ミュージカルニガテ女子”ヒロイン・静香。彼女は突然、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった! 困り果てた様子で音楽を避けて夜道を一人で歩いていた静香の前に、三浦貴大演じる“嘘くさい先輩エリート社員”村上が、高級車で迎えに登場する。憧れの先輩である村上の登場にココロを躍らせる静香であったが、カーラジオから流れる音楽に、ついついカラダが踊り出してしまう! そんな静香の姿を見た村上は、優しい笑みを浮かべ、颯爽と追いかけて走り出す。

 ふわりとスカートを揺らし可憐なターンをしつつ階段を駆け上がり、誰もいない夜の公園に2人が踏み入れるとあたりはライトアップされ、まるで2人だけのダンスステージのように。静香はカバンをベンチに置くと村上とともに息をあわせて甘い雰囲気の中、しっとりとしたダンスを始める。静香が夜空へ向かって手を高くあげると、村上はその手をとり、静香のカラダを回転させ、肩を抱き寄せる。村上に身を任せ、優雅なターンを披露する静香。気持ちの高まりとシンクロするように明るくなっていく公園の中で、2人はじっと熱い目線を重ね合わせ、優しくたおやかなステップを繰り広げていく。華やかで品のあるダンスをする静香の周りをゆっくりと歩き、その手を導く村上。両手をとりあって、2回3回と優雅に回ると自然と笑みがこぼれる静香。

 手をつなぎ余韻に浸りつつ見つめ合いながら、ベンチに腰を下ろす2人。更けていく夜長、想いを寄せる先輩・村上と一緒に過ごすことができ満足気な静香を待ち受けている運命はいかに!?

 本作で唯一の甘い雰囲気の男女のペアダンスの場面。このシーンを演じた三浦は、「今まで触れたことのないダンスの種類だったので、ものすごく大変でした。三吉さんと合わせることができるチャンスが1回か2回くらいしかなかったので1人で練習を重ねました。家に姿見などはないので、毎日夜になり外が暗くなってから、窓に映る自分の影を見ながら練習をしました」と自宅でもダンスの練習を重ねて撮影に臨んだエピソードを明かしている。

 一方、他のシーンではエネルギッシュで明るいダンスが多い三吉にとっては、三浦との情熱的なペアダンスを披露しており、大人の女性の魅力を存分に発揮しているシーンとなっている。多くの笑いが生まれる他の場面と見比べても特別静かなシーンとなっており、矢口監督が多彩なダンスシーンに挑んでいることも垣間見える。

ダンスシーン(C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

記事タグ