HOWL BE QUIET「歌を伝えたいと思った」新しい一歩踏み出した新譜に迫る
INTERVIEW

HOWL BE QUIET「歌を伝えたいと思った」新しい一歩踏み出した新譜に迫る


記者:村上順一

撮影:

掲載:19年08月04日

読了時間:約13分

収録曲に迫る

HOWL BE QUIET

――さて、アルバムでそれぞれが制作で印象的だった曲をお聞きしたいのですが、いかがでしょうか。

黒木 健志 個人的に一番悩んだ曲は「Dream End」です。フレーズは決まってはいたんですけど、音作りで悩みました。この曲は今回収録曲の中でもあまりボーカルが出ていなくて、楽器がグワーッと出ているんですけど、僕らが今まで通って来なかった道でもあると思っていて。ロックサウンドではあるんですけど。こういう音像の曲が僕は大好きなので、この曲が出来た時はすごく達成感がありました。

 あと「バーバラ」という曲も印象的で、今回TAKU INOUEさんという方にプロデューサーとして入って頂いたんですけど、そのTAKUさんがイチから制作に携わって下さって、そこに僕たちのデモのエッセンスを加えていったという感じなんです。その中でシンセベースと打ち込みのドラムに対して、ギターでちゃんと攻めていかないとなと思って、ギターを沢山入れました。今までの僕らにはなかったタイプのギターカッティングを入れてみたり、けっこう大変でした。

――「Dream End」はライブでも早く聴きたい1曲です。岩野さんの印象的だった曲は。

岩野 亨 僕は「覆水盆に返らず」です。この曲は既にライブでもやっていました。その時は歌に対してドラムが出てくるわけでもなく、支えるようなイメージでドラムを叩いていました。収録曲候補に上がって来た時にもう少し個性が欲しいなと思ったんです。TAKU INOUEさんと一緒に作業するに当たって沢山フレーズを打ち込んでいって、それらを組み替えてここでそれするの? といったセクションごとにパターンが違う感じになって。それを聴いたときに最高だなと。初めての感覚なんですけど、アルバムの1曲目に行けるなと思いました。かなり難しくて一番練習もしましたし、このチームで作り上げたというのも強くてかなりお気に入りの一曲になりました。

――オープニングを飾るのに相応しい曲ですよね。あともう一曲上げるとしたら?

岩野 亨 「Reversi」です。この曲は黒と「リフから曲を作ろう」という話から始まったんです。2人でスタジオに入って、イントロで聴けるリフが出来て、すごくカッコいいという印象のまま最後まで出来上がってしまったという感覚です。そこから、竹(縄)にリフを送ってアコギが重なって、さらにベースも入って、迷うことなく出来た1曲でした。バンドらしい作り方で出来た曲なんです。これって僕らでは珍しいんですよ。竹が弾き語りで作って来たものに、僕らが「どういう服を着せようか?」と作って行くことが多いので。

――貴重な一曲でもあるわけですね。竹縄さんの印象的な曲は?

竹縄 航太 僕は「ヌレギヌ」です。この曲が1年半振りに世の中に発信出来た曲になります。それもあってすごく思い入れも深くて。この曲は待っていてくれたみんなへの感謝が詰まった曲で、ライブハウスに行くと一緒に盛り上がって音楽を楽しんでくれて、ちょっと話せば「待ってるよ」と言ってくれて、その言葉一つひとつに救われて来たなと思いますし、個人的にやっているツイキャスが安定剤みたいになっている時期もありましたから。歌詞は俺らはまたここから始めるよという想いを文字にしていたら、収集がつかなくなってしまって...。どうにもこうにも曲として成立しなくなってしまったんです。

――想いが溢れ過ぎて。

竹縄 航太 そうなんです。そこでスタッフにこの想いをまとめてくれる人を相談していたら、羽生まゐごさんを紹介してもらって。元々、ボカロPとしても大好きなのでお願いしました。歌詞というよりも文章といった方が適切だと思うんですけど、それをお渡しして、歌詞として再構築していただきました。『Mr. HOLIC』の時に、いしわたり淳治さんにアドバイスをいただいたことはありましたけど、共作と言う意味では今回が初めてです。

――もう1曲上げるとしたら?

竹縄 航太 「名脇役」です。これはちょうど1年ぐらい前にSexy Zoneさんに書かせていただいた曲なんです。こういったチャンスをいただけたことも嬉しかったですし、この曲で僕らの事も知ってくれた人もいました。またこの曲で知ってくれる人が増えるのなら、というのもあって、セルフカバーという形で収録させていただけてありがたいなと。この2年間を総括したアルバムなので、収録出来て嬉しいですし、色んな人に聴いてもらいたいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事