3ピースロックバンドのSaucy Dogが7月25日、「Two-Man Live『One-Step Tour』」の最終公演を東京・Zepp DiverCityにておこなった。同ツアーは、大阪BIGCAT公演に04 Limited Sazabys、名古屋ダイアモンドホール公演にクリープハイプ、そしてZepp DiverCity(TOKYO)ではSUPER BEAVERを迎えてのツーマンライブとなった。「ワンステップ成長したいという気持ちを込めてこのツアー名を」というSaucy Dogの想いは歌と言葉とサウンドで、Zeppの空間に堂々と提示された。【取材=平吉賢治】

灼熱の演奏でZepp&Saucy Dogを焚き付けるSUPER BEAVER

SUPER BEAVER(撮影=青木カズロー )

 超満員のZepp DiverCityに真っ先に火を付けたのはSUPER BEAVERの灼熱好演だ。初曲、「27」での柳沢亮太(Gt)のアルペジオから徐々にボルテージを上げ、2バース目から一気に熱量を爆発させた。

 柳沢&上杉研太(Ba)の燃え盛るような弦アンサンブルがZeppの空間を覆い、藤原”31才”広明(Dr)は一発一発、オーディエンスのロック魂を焚き付けるようにパワフルに拍を刻み、「やろうぜ東京!」とシャウトする渋谷龍太(Vo)はガツンと会場の熱量を上げる。そして、曲間のバンドのインプロビゼーションの演奏のなかでも、渋谷は会場の隅々まで言葉を届け、オーディエンスを熱く煽り続ける――。

 次曲「歓びの明日に」では、「Saucyと一対一で生きています!」とこの日限りであろう歌詞に変えて歌う場面もあり、ライブならではの臨場感をブーストさせた。渋谷は「良い感じになってきましたね! 後ろもしっかり見えてるからな!」と、会場の仕上がり具合をオーディエンスに熱く伝えた。開始から2曲、ノンストップで腕を掲げるオーディエンスのエネルギーは凄まじいものだった。

 MCで渋谷は、Saucy Dogから「バチバチにやりたいです」という言葉を受けたことを明かした。先輩であるSUPER BEAVERの回答は「受けて立つ!」――。そして、「青い春」をメロディアスに、エネルギッシュに走らせた。灼熱の演奏にキレキレの煽りに心へ直に語りかけるようなMCと、気迫溢れるSUPER BEAVERは、これでもかという程に会場のボルテージを上げまくった。

 そして渋谷は「Saucy Dogは俺達のなかでは稀な存在、3人組です」と、Saucy Dogの存在感を言葉で示す。「シアワセ」を叙情的に歌い上げ、「あと2発、強烈なパンチを!」とオーディエンスへ熱く伝え、シンガロングを引き起こした。トドメの右肩上がりの勢いを重ね、SUPER BEAVERのステージは燃え上がるように、「予感」でフィニッシュした。本公演の土台をガッチリと固め、大歓声が沸くなか最後に「俺達の大事な後輩なんで、よろしくお願いいたします!」と、Saucy Dogにバトンを渡した。

“ワンステップ”進化したSaucy Dog

Saucy Dog(撮影=白石達也)

 Saucy Dogのメンバーは笑顔で一人ずつステージに姿を表し、ドラムセットの前に集まり3人手を合わせての気合い入れと、ファイナル公演の意気込みをオーディエンスに晒した。

 石原慎也(Vo, Gt)の「Saucy Dog始めます!」という爽やかな宣言にオーディエンスは会場一致の挙手と歓声で応えた。清涼感溢れる「真昼の月」からライブを走らせ、抜群のエモーショナルのボーカルにフレッシュなサウンドと、“Saucy Dog色”を一気に溢れ出させた。

 シリアスなコードワークの導入が印象的な「ナイトクロージング」を情熱的に歌う石原は、曲中で秋澤和貴(Ba)をオーディエンスへ紹介する。秋澤は意気揚々と滑らかなベースラインをステージ前面中央で披露し、明朗快活な表情で力強いパフォーマンスを魅せた。強烈なストロボライトと燃えるような赤の照明がサビの熱唱と同期した「ゴーストバスター」と、Saucy Dogは3曲立て続けに演奏を重ねた。

 MCでせとゆいか(Dr、Cho)は「このツアーで自分達もワンステップ成長したいという気持ちを込めてこのツアー名をつけました。大阪と名古屋で2本やってきて、きっと少し成長していると思います。その姿を今日はみんなに観てほしいなっていう気持ちでここに来ました」と、改めて本ツアーに対する心意気をオーディエンスに告げた。

「またいつか、あなたに会えますように」

Saucy Dog(撮影=白石達也)

 緩急のある楽曲構成が秀逸な「煙」では、青白く輝くステージのなかでバンドのエモーションが弾けた。一輪の花を添えるようなせとゆいかのコーラスが映える「wake」に、テレキャスターのソリッドな刻みが心地良い「メトロノウム」と、3ピースというほぼ最小限の編成ながらも、若々しくカラフルなアンサンブルを見せるSaucy Dogのライブはエモくもありドラマティック――。

 「最後まで全力で僕達はやっていきます。こうやってみんなの笑顔が見れて本当に嬉しいです!」と、はにかみながら石原は温かい心境を露にした。そして、6月に配信開始された新曲「雀ノ欠伸」を軽快なリズムのなかでポップに演奏した。涼気溢れるハイトーン・ボーカルが伸びやかに広がり、Zeppの空間を爽やかに包んだ。

 会場の清涼感溢れる空気に少々の憂いが加わる。テレキャスターの混じりけのない、ピュアなサウンドから始まる「コンタクトケース」がライブの流れを絶妙に揺らした。<空のコンタクトケースが 今も洗面所でポツリ 君の帰りを待っているよう>という、切ない心情が浮かび上がってくるような歌詞が心に刺さるようだった――。

 そして、石原の床キック2カウントから入る「いつか」では、ベースの和音と歌のバースから始まり、弾けるようなバンドアンサンブルへと続き、本公演最終曲「グッバイ」へ。力強いボーカルの導入からSaucy Dogの魂の叫びが広がった。「いままでの弱かった自分に、最低だった自分に」と、石原は叫び、オーディエンスの掲げた手とバンドは輝かしい光に包まれ、<グッバイバイ>のシンガロングがZeppを覆い尽くす。

 「またいつか、あなたに会えますように」という言葉で締めくくり、「Two-Man Live『One-Step Tour』」は幕を閉じた。ワンステップ進化したSaucy Dogの姿が確かにそこにあった――。

セットリスト

「Two-Man Live『One-Step Tour』」
2019年7月25日@Zepp DiverCity(TOKYO)

01. 真昼の月
02. ナイトクロージング
03. ゴーストバスター
04. 煙
05. Wake
06. メトロノウム
07. マザーロード
08. 雀ノ欠伸
09. バンドワゴンに乗って
10. コンタクトケース
11. いつか
12. グッバイ

記事タグ